心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 15日

非特異的腰痛

b0052170_01464039.jpg

一般的に上図のように説明されるが、私はこれに反対する。

私は下図のように考えている。

b0052170_01464607.jpg

非特異的とは「特異的でない」という意味だ。

特異的とは病理所見(顕微鏡での細胞診)や血液所見で明らかで確定してしまう病気だ。

つまり、疼痛疾患で「悪性腫瘍、感染症、リウマチ系(強直性脊椎炎など)、痛風系(偽痛風)」が特異的疾患だ。これ以外は非特異的疾患ということになる。

「非特異的=筋筋膜性疼痛症候群」と考えればよい。

腰痛以外、膝でもどこでも同じ言い方ができる。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄や軟骨の老化はシワや白髪などと同じで、痛くない人にもよく見られるものだ。

病理所見、血液所見に異常はない。

これらが痛みの原因だと主張する根拠はない。

何パーセントが特異的なのかまでは分からないが、1%も満たないだろう。

もし特異的疾患があったとしても、それに筋筋膜性疼痛が合併していることが多い。

医師はなぜか筋筋膜性疼痛症候群には全く知識がない。だから誤診してしまう。本当に不思議なことだ。もっとも一般的な疾患に対して知識がないとは・・・。

筋筋膜性疼痛(筋痛症)、いわゆる筋肉の痛みなのだが、筋肉だから安心というものではない。これが慢性化してしまうのだ。

医師に筋筋膜性疼痛の勉強をしてもらえば、無駄な検査や治療(手術)は激減する。

ヘルニア(椎間板損傷)、圧迫骨折、半月板損傷、肩板損傷など組織損傷の治療と痛みの治療は別問題として考える習慣をつけること。中年になると痛くない人にも頻繁にみられる。

脊柱管狭窄は自然修復が進んだ結果であって病的意義はないと言ってもいいだろう。膀胱直腸障害があると聞いたことがあるが、私はお目にかかったことがない。

b0052170_02453591.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2018-10-15 02:37 | Comments(0)


<< 慢性の痛み      痛みの用語 >>