心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 06日

痛みのエビデンス?

[痛 みの定義]   国際疼痛学会   1986年

An unpleasant sensory and emotional experience associated with actual or potential tissue damage, or described in terms of such damage.

不快な感覚性・情動性の体験であり、それには組織損傷を伴うものと、そのような損傷があるように表現されるものがある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

痛みは「体験」と定義されている。

痛みを治療するということは「他人が体験していることを治療する」ということだ。

体験談が唯一の手がかりになる。

体験談をいっぱい収集することだ。

そこからどう推理していくかだ。

エビデンスなんてあてにならない。それは聞き取り調査でしかないのだから。聞き取り調査をエビデンスというか?

骨粗鬆症や血圧のような数値のでる疾患と全く違う。

支持政党のアンケート調査と同じだ。

どのような情報に接している人か、質問の仕方は?

治療者はだれ?

質問している人はだれ?

b0052170_22322224.jpg

これを信じている多くの整形外科医や脊椎外科医はそう診断し患者に説明する。

その患者にたいしての聞き取り調査なんだろ?

その結果がこのようなガイドラインができる。

それが参考になるか?

b0052170_22324904.jpg


GABAやセロトニンのレセプターの数も人によって人種によって違うのだろう。

筋肉の質や量も違いがあるのだろう。

立場や環境によっても感じ方は違ってくる。





[PR]

by junk_2004jp | 2018-12-06 22:59 | Comments(0)


<< MRIを撮って不幸になる?      神経障害性疼痛の誤解 >>