人気ブログランキング |

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 17日

出演TV(3)及び関わった症例(2)

新しい痛みの医学

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、関節軟骨のすり減り、半月板や椎間板や肩板の損傷が慢性の痛みの原因になることはありません。これらの変化は健常人でもよく見られる変化です。レントゲンやMRIでこれらを指摘されることは百害あって一利なしです。慢性の痛みは「痛みの悪循環」が繰り返された結果で「中枢性感作」(脳が痛みに過敏になる)が起きた状態です。慢性の痛みの治療は除痛と運動、認知の変更です。治療は個人差が大きいです。心理・社会的なこと(環境や立場)が痛みに影響を及ぼし、また元来の性格的特徴(頑張り屋、完璧主義、不安傾向など)が痛みに関係しているからです。




歩けないほどの腰の痛みから解放してくれた整形外科医へ
感謝の手紙(テレビ東京、13年4月11日)


-------------------------------------------------

膝痛
その原因Xにあり(フジTV、17年3月24日)


-------------------------------------------


膝痛
予約殺到!すご腕専門外来(TBS、16年11月15日)


------------------------------------------

まゆみさんの腰痛の治療に関わりました
健康カプセル元気の時間(CBC、18年11月18日)

------------------------------------------------------

太田七重さんの腰痛は当院でしました。
トリガーポイント注射+認知行動療法+薬(サインバルタ)
みんなの家庭の医学(ABC、16年8月16日)

-----------------------------------------------------------------------------------------



by junk_2004jp | 2019-03-17 18:51 | Comments(0)


<< 筋筋膜性疼痛症候群の治療      ほとんどの医者は筋筋膜性疼痛症... >>