人気ブログランキング |

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 30日

本当に困っています。助けてください。お願いします。

私は脊柱管狭窄症という診断を受けまして、・・・・という手術を受けましたのですが、・・・・本当に困っています。助けてください。お願いします。

70歳代前半の男性からメールをいただきました。

脊柱管狭窄症の手術を2度受けた通院中の男性 「もう先生しか頼るところがない、お願いします。」

手術を受けて困っている人とても多いですよ。

「脊柱管狭窄症の手術を受けたが専門病院」都会ならこれだけでやっていけると思う。

とにかく、脊柱管狭窄症という診断を真に受けないように。手術なんて、もってのほかです。

手術によってこじれにこじれるわけです。

脊柱管狭窄は中高年の6〜7割の人に見られるということです。

脊柱管狭窄が痛みやしびれの原因になることは決してありません。(ということは誤診)

遠方から来た女性、脊柱管狭窄症で手術の予定・・・

筋筋膜性疼痛症候群です。トリガーポイント注射のあとすぐに楽になりました。ただ、慢性化(中枢性感作)しているので治療には多少の時間や薬が必要でしょう。

「ベンや尿が垂れ流しになるかもしれない、と言われました。」

これは医者の脅しです。悪意はないものと思いますが・・・・。

私は40年間、医者をやっているが診たことも聞いたこともない。泌尿器科医や消化器科医の見解はどうなんだろう。

脊柱管狭窄症はは私が医師になったころはなかった。

それがあれよあれよと言う間に広がった。海外の文献からなんだろうと思うが、脊椎外科医が飛びついたわけだ。

バカげた理論に基づく手術は決して受けないことです。

これは「脊柱管狭窄症サポートツール」から
b0052170_23290944.jpg

b0052170_23545198.jpg

神経の圧迫を受ける部位が少し違うだけで、痛覚が過敏になったり、麻痺になったり(笑)。

混合型って、どうなるのさ。

神経生理学の初歩の問題だよ。
b0052170_23554019.jpg


神経性間欠跛行ではないんだよね。休んだら回復するんでしょ。それは筋肉です。

筋性間欠跛行とでもいうべきか。閉塞性動脈硬化があれば、筋性間欠跛行が顕著になる。
b0052170_00111186.jpg


この本、まだ読んでませんが、少なめに見積もって80%・・・・

痛みがなぜ起きるのか、なぜ慢性化するのか、なぜ広がるのかわかっています。

1時間も勉強すれば臨床医として必要な知識は得られます。



by junk_2004jp | 2019-03-30 23:46 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 日本の医師の最大の欠点=筋痛を...      痛み難民(こういう患者さん多い... >>