人気ブログランキング |

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2019年 04月 06日

医師が筋痛症を理解していないための弊害

Aさん(女性、50歳代)は1年半ほど前より腰痛〜大腿部痛。脊柱管狭窄症ということで、消炎鎮痛剤をもらっている。

めまいもあるため耳鼻科にもかかっている。

肩こりも慢性的にもっている。

圧痛点を調べると、線維筋痛症だ。

精神科的に診れば「軽症うつ病」軽いうつ状態だ。

線維筋痛症のステージ1または2、というところだと思う。

このように診察する医師によって診断名が大きく違ってくる。

日本の多くの医師は「筋痛症」を知らないため画像診断をする。そして見当はずれする。




by junk_2004jp | 2019-04-06 03:53 | MPS | Comments(0)


<< 痛みの定義、痛みのメカニズム・まとめ      日本の医師の最大の欠点=筋痛を... >>