人気ブログランキング |

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 25日

手根管症候群は手術しなくてもいい

手根管症候群とは、手首のところで、手根靭帯で、正中神経が圧迫を受けて、母指〜薬指の母指側半分がしびれるとされています。

この説には反対します。「神経が圧迫を受けてしびれが生じる」は間違っているのです。

Aさんは2ヶ月前より、手にしびれがあり、手根管症候群と診断を受けて、手術を進められています。

重いものを運んでから症状が出たとのこと。

前腕や手のひら、手の甲にある圧痛点数カ所に局所麻酔を数ミリずつ注射。手を振ってもらった。

すぐに手のしびれは改善した。

筋筋膜性疼痛症候群です。労働→筋肉の緊張→軽いうっ血状態→しびれ感



4-1http://www.round-earth.com/HeadPainIntro.html

肩甲筋の緊張は頭痛の原因になったり、手根管症候群や胸郭出口症候群といわれている痛みを呈することがある。

いわゆる手根管症候群の場合は半ダースはあると思われる原因のなかで、手根管をどうこうするのは最後にしなさい。手術をする前にぜひチェックを!・・・・


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


このように、痛みやしびれのほとんどは「筋筋膜性疼痛症候群(MPS)」です。

レントゲンもMRIも不必要です。

ややこしい病気を考える前にMPSを疑いなさい。MPSは慢性化しやすい。

医師はMPSについて知識がありませんので、ややこしい病気にと格上げされるのです。

慢性の頭痛も・・・腫瘍や出血でなければ

慢性の腰痛も

慢性の頚痛も

慢性の膝痛も



by junk_2004jp | 2019-05-25 02:56 | MPS | Comments(1)
Commented by もりのくまさん at 2019-06-17 19:10 x
大阪在住です。1月にバネ指で整形外科を受診。
そこで教わったストレッチを行うが改善されず、痛くても続けるよう指示されて、手の痺れが発症。
その後大きい病院を紹介されるが手術のための検査と飲み薬のみの診療を行う。
5月になりようやく検査結果で手根管症候群と確定。
そこで手術か様子を見るか迫られ、時間が経過して悪化していたことと、検査費用が無駄になることを嫌い手術を決意。
手の痺れが出だしてから、手首内側の親指?の腱鞘炎が発症し、腱鞘炎の悪化と共に痺れも悪化する。医師に確認するも痺れとの関係性はないと捨て置かれる。
6月の手術日まで他の整形外科を受診して、ステロイド注射やリハビリを繰り返すも効果なしのため、先日手術を行いました。
結果としては、痺れと痛みが増しています。術後のため握力がなくなっているのは仕方ないにしても、平常時にも痛みと痺れがあり、使用時には今までよりも痺れと痛みが倍増しています。
私自身、痺れの原因は手首からきていると何度も感じ、医師にも訴えてはいました。こちらの記事を読んでより確信に変わり、ちょっとした絶望を感じています。


<< 「しびれ」と「知覚鈍磨」の違い      今まで間違っていた痛みの医学 >>