人気ブログランキング |

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2019年 06月 07日

不安を煽る医師たち(このままでは大変なことになりますよ)

「軟骨がほとんどない」
「軟骨がボロボロ」
「骨壊死がある」
「椎間板がぺしゃんこ」
「ヘルニアがある」
「脊柱管狭窄が神経を圧迫している」
「腰椎がすべっている」
「将来歩けなくなる」
「尿の垂れ流しになる」

動かすことが元気な人生を送ることのキーポイントだ。

膝痛や腰痛・下肢痛に対して、レントゲンやMRIを安易に撮る。

そしてそこに写っている異常が痛みやしびれの原因だと説明し、将来の予測を述べる。そして不安を煽る。

毎日頻繁に見られる。この医師たちをこのまま放置すると大変なことになりますよ。

痛みがどうして起きるのか。


痛みがどうして慢性化するのか。





考える脳をなくした医師たち。不安を与えるとどうなるか考えない医師たち。

先日の症例

⭕️2年前、鞍掛から転落した70歳代男性。

A病院ではリウマチと診断、抗リウマチ薬。よくならない。B病院、脊柱管狭窄症と診断。よくならない。

当院受診、両下肢にできた圧痛点数カ所に局所麻酔を注射すると、すぐに歩行が軽くなり笑顔になった。筋筋膜性疼痛症候群だ。

⭕️5ヶ月前から右膝痛、立ち座りの仕事。病院ではMRIで骨壊死を指摘されている。

内側広筋、外側広筋や鵞足部、裏側の腓腹筋などかなり広範囲の筋肉に圧痛。多数の圧痛点に局所麻酔数ミリリットルを注射した。その場で痛みはとれた。筋筋膜性疼痛症候群だ。

⭕️半年ほど前、長時間胡坐。階段を上るときだけ、両方のお尻にいたみ。MRIでかなり重症の脊柱管狭窄症で将来排尿排便障害がおきるかもしれないので手術が必要だといわれた。この患者さんかなり医師の言葉を信じているので、どうなりますか。

脊柱管狭窄症が原因で膀胱直腸障害になった症例をみたことも聞いたこともない。百歩譲って、もしそうならば、検診で早期発見早期治療ということになるのだが。

長く胡坐でお尻が痛いという患者さんにどうしてMRIが必要なの?




by junk_2004jp | 2019-06-07 13:39 | Comments(2)
Commented at 2019-06-17 11:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2019-06-17 12:38
承知しました。


<< いまだに腰痛の解剖学的発生部位...      「しびれ」と「知覚鈍磨」の違い >>