人気ブログランキング |

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2019年 08月 31日

筋筋膜性疼痛、トリガーポイント治療について



これは10年以上昔に私が筋筋膜性疼痛、トリガーポイントに関する英文サイトを翻訳したものだ。引用したサイトはすでになくなっている。もう一度、さーっと見てほしい。

日本の医師だけではなく、海外の医師も筋筋膜性疼痛(MPS)を知らないことが多いのではないだろうか。

とても重要なことで、医師はこれに関してもっと勉強して腕を磨く必要がある。

急性痛ならすぐに治ってしまうことも少なくない。

慢性痛に対しても認知行動療法のきっかけになる。

むだな検査を避けて、危険な治療を避けることができる。

最近は心理・社会的な問題、認知行動療法などメンタルな部分が強調されているが、うまく対応できないケースも少なくない。

明日の仕事、生活に関わることも多い。

神経根障害、異所性発火といったバカげた空想も生まれない。

今まで手術をしてきた医師でも、疑問が一挙に解けると思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1 http://www.latrobe.edu.au/podiatry/myofasc/cover.html

注射による治療法は鍼のようなドライな方法と患部に食塩水又は局所麻酔薬を浸潤させるウェットな方法があります。穿刺法はMPSのもっとも確実な治療と見られ特に一般的な治療に効果が見られない20%-30%のケースに適応とされる。

私は保険診療の都合で0.5%メピバカインを使っているが、運動神経が近くにある場合は極めて生理食塩水に近い濃度を使っている。効果は差がないように思う。大腿神経や腓骨神経が一時的にマヒすると転倒する可能性があるからだ。

3 http://saveyourself.ca/articles/low-back-pain.php


腰痛の原因のほとんどは筋肉にある。これは、ヘルニア腰椎すべり症といった構造的原因とみなされている多くのケースも当然含まれている。


4-2 http://www.round-earth.com/Myo-diagnoses.html


いいえ、あなたがクレージーなのではありません。すべてがあなたの頭の中にあるのではありません。多くの症状や診断に、筋肉が関わっています。これはごく普通のことなのですが、あまり考慮されません。それでも、すべての症状を内科医とともにチェックしなさい。鑑別診断をしっかり行なうことが重要です。


4-1 http://www.round-earth.com/HeadPainIntro.html


肩甲筋の緊張は頭痛の原因になったり、手根管症候群や胸郭出口症候群といわれている痛みを呈することがある。いわゆる手根管症候群の場合は半ダースはあると思われる原因のなかで、手根管をどうこうするのは最後にしなさい。手術をする前にぜひチェックを!・・・・




by junk_2004jp | 2019-08-31 02:37 | MPS | Comments(3)
Commented at 2019-09-02 08:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2019-09-02 18:03
1週間に一度、TPBをしたら?よく動かして。
効く薬の個数を増やしてみる。
Commented by ひよこ at 2019-09-02 21:56 x
加茂先生、ありがとうございます!


<< 脊柱管狭窄症という全く間違った診断      肘部管症候群(尺骨神経マヒ)で... >>