人気ブログランキング |

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 11日

「現代ビジネス」に名倉潤氏の頚椎ヘルニアについて私のインタビュー




ヘルニアが神経根を圧迫して痛みやしびれが生じるということはない。

まれに、脊髄を圧迫して「脊髄マヒ(頚部脊髄症)」が生じる。これは歩行障害(痙性歩行)、手指の巧緻運動障害(ボタンがとめにくい)。腱反射亢進、病的反射(クローヌス、バビンスキー、トレムナー)。

頚部脊髄症にMPSが合併することがあるが、頚部脊髄症がMPSを直接起こしているわけではない。

痛みやしびれはヘルニアのせいではなく、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)だ。

慢性痛は中枢性の痛覚過敏状態で「体のうつ」ともいえる。下行性疼痛抑制系の機能低下。この神経はセロトニン作動性で、抗うつ薬(サインバルタ)が保険で認められている。



by junk_2004jp | 2019-09-11 13:08 | Comments(28)
Commented at 2019-09-12 20:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2019-09-12 21:22
そのような患者さんを何人かみています。私は痛い筋肉に対して局所麻酔をごくわずか注射をしています。たぶん、前腕の筋肉にも痛む筋肉があるでしょう。上部僧帽筋、斜角筋なども。
Commented at 2019-09-14 00:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2019-09-14 03:18
クビや肩を積極的に動かすことです。
慢性痛の薬3種類使っていますが、効いているのはどれなのか、効いていないのはどれか。効いている薬の量を増やし、効いていない薬をやめる。
鍼、マッサージ
就業時間の短縮。20分に一度ぐらいリフレッシュタイム5分程度とり、体操をする。
Commented at 2019-09-14 10:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-11-25 12:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2019-11-25 18:22
> 沖さん
神経麻痺ではないようですので、大丈夫です。次第に回復するでしょう。
Commented at 2019-11-25 20:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-11-29 22:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2019-11-30 03:00
> 沖さん
すぐにでも開始されたらいいと思います。
Commented at 2019-12-09 17:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2019-12-10 03:37
> 沖さん
慢性痛を一人で戦うのはなかなか難しいことですね。専門家と共に克服すべきなんでしょうが、現状では日本の医師はまだそういう教育を受けているわけではないし、保険診療もそれに見合った報酬を保障しているものではないのです。

専門医、第一人者の言っていることが間違っていることが多いのですから、患者さんにとってはたまったものではありません。

簡単な除痛治療を受けながら徐々に運動量を増やしていったらいいと思います。「腰痛は脳の勘違いだった」の著者は私のHPを参考に勉強して自分で治療計画を立てて腰痛を克服しました。

簡単な除痛(トリガーポイント注射、マッサージ、鍼、薬など)+認知行動療法

心理療法(カウンセリングなど)
Commented by at 2019-12-12 22:45 x
いつも返信勇気づけられます。
私も相当慢性疼痛関連勉強しました。いやしています。これが悪影響なんでしょうか。笑
北原先生、岡寛先生、サーノ先生、ありとあらゆる慢性痛を読破しました。
おかげであれだけ激痛だった背骨、腰は全く普通。ただ入院中に一番なりたくなかった首痛になり
結局それが未だにネックとなりました。
これから仕事でバリバリと思った矢先、腰痛治ればこれからと思った矢先、大好きな勉強、読書、仕事が下向き持続がきつい
ことで思い通りできず。朝いつもジョグ、勉強していたのになぜいま痛みから敬遠する自分がいるのか。
ほんと未来が暗く、もっとできるのに、ただ体が。の連続。死ぬまでに改善を願うしやってやるとは思いますが、
いかんせん慢性疼痛。一日2日じゃどうにもなりませんね。
鍼の先生は3ヶ月単位、心療内科の先生も同感。ペインクリニックも同感。
走れば治る!どのアドバイス。理想は痛みを気にせず動けること!そして断薬!
なぜか飲み会も最初は座りながら首周り不快感マックス常時だが、締め時期はなぜか痛みが軽減。
やはり脳なんでしょうか?

先生、整形の先生はあなたの今までの生き方により痛みが発生、要は加齢。との見解ですが今までと
同じ動き、生活、痛くても好きなように本読むを続けるのはより首痛が悪化すると不安何ですが心配入りませんか?
毎日頭は手術はやだ!この姿勢は痛み増す。激しく動くと実際痛みが出るのは運動不足だからでしょうか。
もっと運動量を増やせば良いんでしょうか?
手術後2年。またまだ回復しますか?またいつか寛解達成できますか?
人生一番のこんなはずじゃなかった!です。パソコン見てもずっと首付根がじーん、うずうず。
痛みから抜け出したい!
Commented by junk_2004jp at 2019-12-13 18:05
サインバルタ、トラムセット、ノルスパンテープ、リリカ。タリージェ、ノイロトロピン

などの慢性痛の薬を使ってみる。痛みが軽減するきっかけを持つ。

トリガーポイント注射、鍼、マッサージなどで痛みが軽減するきっかけをもつ。

きっとよくなりますよ。
Commented at 2019-12-24 19:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2020-02-02 08:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2020-02-02 09:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2020-02-02 10:19
> 沖さん
病的反射(トレムナー反射)、巧緻運動障害、下肢ではバビンスキ反射、クローヌス、痙性歩行なければ神経麻痺ではないと思います。

筋肉の問題でしょう。
Commented by junk_2004jp at 2020-02-02 10:23
> 沖さん
末梢神経障害ではないと思いますが、診察をしていないので・・・。頚からの末梢神経障害というのはみたことがないです。あるとすれば引き抜き損傷。出産時や大ケガ。
Commented at 2020-02-02 11:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2020-02-18 15:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2020-02-18 17:00
> 沖さん
神経根症はありません。
脊髄症では巧緻運動障害(ボタンがかけにくい)、痙性歩行(パタパタするような歩行)が特徴。病的反射あり。

前腕の筋痛症ではないですか。
Commented at 2020-02-19 08:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2020-02-19 13:07
> 沖さん
医師はなんといっていますか。
肩甲上神経麻痺の可能性は?
五十肩に合併している?
握力低下は圧倒的に多いのは前腕の筋痛です。
脊髄麻痺の可能性は少ないように思います。
神経根症という概念そのものを否定します。
https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E8%82%A9%E7%94%B2%E4%B8%8A%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E9%BA%BB%E7%97%BA
Commented at 2020-02-19 18:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2020-02-20 12:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2020-02-20 21:38
> 沖さん
私にメールをしてください。
Commented by at 2020-02-20 21:56 x
早速メールさせていただきました!


<< 70歳代男性の哀愁(私72歳)      脊柱管狭窄症という診断は間違っている >>