人気ブログランキング |

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 12日

70歳代男性の哀愁(私72歳)


まだまだ若いもんには負けないと思っているが、現実はすごく筋力などが落ちている。

定年退職後の居場所がない。

生物・心理・社会的疼痛症候群(筋筋膜性疼痛症候群)

⭕️「生物学的」70歳代、男性。学校の清掃の仕事をしている。階段の昇降が多い。

過去に2回、脊柱管狭窄症の手術をしている。

また、お尻から太ももにかけて痛みがでてきた。

病院受診してMRIなどの検査を受けたが「脊柱管はきれい」ということで、とくに治療はなかった。

腸腰筋と臀筋の圧痛点に局所麻酔を注射したら、その場で痛みは消えた。

加齢による筋質の劣化(サルコペニア)とそれに見合わない労働。

痛みと脊柱管狭窄とは関係がない。高齢者が増える中、簡単な治療で痛みを改善する技術をみにつけるべきだ。

⭕️「心理・社会的」70歳代、男性。営業の仕事をしていた。新しい地で妻と二人でマンション暮らし。腰痛と両足のしびれ、時々両手のしびれあり。

仕事一筋だった男性が、その人間関係や環境が一変すると、居場所がなくなり軽い鬱状態になる。

「ワンコでも買ったら」「私が先に死ぬかと思うと・・・」

「子供の通学の旗持ちは?」「新しい地なので町内会もわからず・・・」

「生物学的」と「心理・社会的」を明確に分類できるものではないが、問診などで大体どちらが強いのか見当がつく。




by junk_2004jp | 2019-09-12 22:18 | Comments(3)
Commented by M at 2019-09-23 16:57 x
いつもお世話になっております。
加茂先生は定年退職なんてされないで
下さいね。手が疲れてしまったら法話をされる
和尚さんの様に、教えがあると有り難いと思ってますw

それぞれの年代の悩みってありますよね。
私は結婚諦めモードです。。。
先生にはゆっくりと、お仕事続けて頂けて下さる事を
願っております!!
Commented by junk_2004jp at 2019-09-23 18:39
ありがとうございます。
開業医(自営業)は個人飲食業者と同じで定年退職はありません。それがいいところか悪いところか微妙な問題です。

できるだけ続けるつもりです。
Commented by M at 2019-09-23 22:49 x
お返事有難うございます。
筋力の低下のお話ですが、サルコペニアでなくても筋力が戻らず困っています。。。

すこ~しづつですが、週末にレッスンを受けて何とか直していきたいと思っています。
道のりは長いので加茂先生に励まされながら?頑張りたいと思っています。先生も一緒に筋トレできればいいのになぁ。。。


<< 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が...      「現代ビジネス」に名倉潤氏の頚... >>