人気ブログランキング |

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 26日

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が痛みやしびれの原因になることは決してない

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が痛みやしびれの原因になることは決してない」この事実が知れ渡ることによってどれだけ多くの人が助かることだろうか。無駄な医療費の削減になる。

生理学上ありえない。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄は健常人でもよくみられる。

慢性痛とは3ヶ月以上続く痛みで、痛覚系(痛覚認知システム)の過敏化だ。痛みそのものが治療の対象となる。

痛みの本態は「筋筋膜性疼痛症候群」だ。腸腰筋のチェックはキーポイント。

⭕️40歳代、一ヶ月前より腰痛、下肢痛。椎間板ヘルニアと診断される。知人の紹介で当院受診。

痛みのため跛行。

腸腰筋、臀筋、ハムストリングなどの圧痛点(痛覚が過敏になったポイント)に少量の局所麻酔(1〜2ml)を注射する。

すぐに痛みがとれた。

筋筋膜性疼痛症候群しかありえない。

ただし、中枢性感作(脳の痛覚過敏状態)がどれぐらいなのかは一回の診療ではわからない。

椎間板ヘルニアが痛覚を過敏にしていることはない。

b0052170_02265049.jpg

⭕️60歳代、3年前より、間欠性跛行(100mほど)。脊柱管狭窄症と診断をうけいろいろ治療しているがよくならない。知人の紹介で来院。

腸腰筋、臀筋などの筋筋膜性疼痛症候群だ。

治療によりすぐに改善した。

脊柱管狭窄が痛みやしびれを起こすことが決してない。

⭕️50歳代、男性。A病院「分離症」B病院「椎間板ヘルニア」C病院「脊柱管狭窄症」と診断をうけた。

いずれの病院も基幹病院、有名病院だ。

当院の診断は腸腰筋などの筋筋膜性疼痛症候群だ。

ひとりの腰痛に対してなぜこんなに診断名がバラバラなのか。

b0052170_02414676.jpg

b0052170_02424772.jpg
ぜひこの部分の圧痛を調べなさい。

肩こりと同じこと。

慢性のこり

「間欠性跛行」・・・休むと回復する・・・筋肉の特徴

間欠性投球

若いころは100球続けて投げられた。70歳の今は5球投げたら休みが必要。しばらく休むとまた投げられる。

頚の狭窄症か(笑)




by junk_2004jp | 2019-09-26 02:55 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 慢性痛(ガッテン)      70歳代男性の哀愁(私72歳) >>