人気ブログランキング | 話題のタグを見る

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2020年 02月 22日

脊柱管狭窄症 腰の名医が教える最高の治し方 大全

脊柱管狭窄症 腰の名医が教える最高の治し方 大全_b0052170_22520900.jpg

最近出版されました。私も名医?に選ばれています。以前に「わかさ」に書いたものです。

私は脊柱管狭窄症という全く生理学に反している診断そのものに反対です。

「神経が圧迫を受けるとその神経の支配領域に痛みやしびれが生じる」という考えに反対します。つまり私に言わせれば誤診ということになります。

「痛覚神経が圧迫を受けると神経の血流が悪くなってその神経の支配領域の痛覚が過敏になる。」

このような生理学はどこを探してもありません。

だから中高年の健常人でも半数以上に脊柱管狭窄が見られるといわれています。

手術をしてもよくならない人、あるいは脊柱管狭窄症と診断されて、治療しているがよくならない人をたくさん診てきました。

今日も40歳代、女性で2年前に脊柱管狭窄症の手術をしたがよくならない人を治療しました。

腸腰筋や臀筋、大腿下腿の外側の筋肉の慢性の筋筋膜痛です。わかりやすく言えば筋肉のコリです。

圧痛点に局所麻酔を少しずつ注射するとその場で歩きやすくなりました。

五十肩や膝痛、テニス肘の治療と同じですよ。

悪性腫瘍、感染症、リウマチ系、痛風系は特異的な病理診断ができる「特異的疾患」です。

それ以外の筋骨格系の痛みは「非特異的疾患」です。

体のどこで起きようが同じメカニズムです。

これは慢性化しやすいことで知られています。

医者がとても診断治療が下手なのも有名ですねw。

脊柱管狭窄症 腰の名医が教える最高の治し方 大全_b0052170_23131702.jpg

脊柱管狭窄症 腰の名医が教える最高の治し方 大全_b0052170_23271073.jpg












by junk_2004jp | 2020-02-22 23:20 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾


<< 不安と恐怖が痛みの原因?      慢性の膝痛 >>