人気ブログランキング |

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2020年 05月 15日

痛み医療の失敗


専門家が必ずしも理解していないことがビデオでよくわかる。

日本の痛みの医療は20年遅れているといわれている。

痛みの専門家といえば、ペインクリニック医、準専門家は脊椎脊髄医、整形外科医というところだ。

皆保険、アクセス自由、MRI,CT、レントゲンたくさん。

なぜ20年も遅れたのか?2300万人の慢性痛の人がいるそうだ。

×神経が圧迫されていて痛みやしびれが起きている。次のような病名。

      椎間板ヘルニア
      脊柱管狭窄症
      頚椎症性神経根症
      後縦靭帯骨化症
      黄色靭帯骨化症

×関節軟骨がすり減っている、半月板が傷んでいる。;変形性関節症、関節内障

×椎間板がつぶれている(椎間板症)、すべり症、分離症

痛みという変数が構造(常数)で表せるはずがない。

痛みは電気現象なのでエネルギーなのだ。構造がエネルギーを持っているはずがない。

ポリモーダル侵害受容器が構造に反応しているはずがない。




by junk_2004jp | 2020-05-15 18:54 | 痛みの生理学 | Comments(2)
Commented by at 2020-05-22 09:39 x
加茂先生、お誕生日おめでとうございます!!

世の中も良い方向へ流れ始めましたが、
このビデオの先生と同じように見えすぎてしまう
加茂先生はご苦労なさっていることと思います。

文系の私でさえ感覚的に疑問に思ったり、
対数グラフの方が分かり易い!とさえ思います。
言い合わない日本の体質も直らないものなのか。。。

事なかれ主義、泣き寝入りしないようにすることが
健全だと思っています。
加茂先生、良い一日を!!

今日は美味しいお酒でも飲んでゆっくりとした週末を
すごしてくださいまし。
治療の程、またどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by junk_2004jp at 2020-05-22 12:09
ありがとうございます。
今日も椎間板ヘルニアで手術を勧められている方が来院されました。臀部、腸腰筋、下肢の筋筋膜性疼痛症候群です。


<< 筋肉が関係した痛みは慢性化する...      「痛み」の勉強、お医者さん任せ... >>