人気ブログランキング | 話題のタグを見る

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2020年 10月 21日

脚・腰の痛いのは仕事をがんばったせいです。

やすらぎの刻

お疲れさんでした。ゆっくり脚腰の筋肉をほぐしながら楽しんでください。Go to 温泉、マッサージ、鍼などいいですよ。

脊柱管狭窄やすべり症やヘルニアはだれであります。絶対に痛みやしびれの原因ではありません。

#筋肉のコリ、ハリ #サルコペニア #繰り返した労働 #不安、抑うつ #痛みの悪循環→慢性化(中枢感作)

14.15日診察頂いた、@のAです。当日は有り難うございました。まだ足の痺れは解消しませんが、感覚的に、良くなるんではないかと感じています。当日、先生が忙しそうだったので、こちらの状況を十分お伝えすることができませんでしたので、改めて状況を記します。
腰、背中、首の3回手術は、15年位前から3年にわたって行いました。只、腰のダル痛さ、足の痺れは、もう30年以上前からあり、病院をはしごしMRI等の結果では「貴方が言う程悪くない」との事で、整体等で凌いできましたが、加齢ともに足の痺れが酷くなりましたので手術を繰り返したのです。当初、手術をすれば完全に治るものと思ってましたが、3回とも裏切られました。

先般は大変お忙しい中にもかかわらずご丁寧に診察頂き誠にありがとうございました。お陰様で腰の痛みも大分和らぎ、歩く速度も大きく改善されています。多くのトリガーポイントを的確に捉えられこと驚愕し、即治療に移って頂きましたことに改めて敬意を表し、厚く御礼申し上げます。いずれは手術かと心配をしておりましたが、その不安感がなくなりましたことは大変有難いことです。腰部左側の鈍痛は残っていますが、ご教示頂いた運動、マッサージやウオーキングを続けながら様子を見たいと思っております。
K氏は68歳、2年前より腰痛、下肢痛で悩んでいます。すべり症、脊柱管狭窄がみられるが手術をするほどではない、といわれています。うつで通院しています。息子の友人から当院を紹介され来院しました。
すべり症や狭窄症は異常所見ではなく、健常者でも頻繁にみられます。
腓腹筋や大腿筋膜張筋などが凝っているのです。
うつ状態は疼痛閾値を低下させます。痛いからうつ状態になったのか、うつだから痛みがでてきたのか?
朝一番に診たのですが、午後に再診したときは東尋坊を観光してきたとにこにこ顔でした。このままよくなりますように。


by junk_2004jp | 2020-10-21 13:56 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾


<< プラシーボは脳にどのような変化...      8年前の捻挫の痛みが続いている >>