人気ブログランキング | 話題のタグを見る

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2021年 07月 17日

MRI の普及と整形外科の普及は人々の幸せに繋がるか?

私が研修医のころは県立中央病院にでもMRIはなかった。医学部は北陸3県(福井、石川、富山)では金沢大だけであった。

今は4つに増えて、開業医もそれにつれて増えている。開業医でさえMRIを持っている時代になった。

開業して39年、隔世の感がある。若い医師からすれば、老医のたわごとと思うだろうが、多くの人の幸せに貢献しているだろうか。

医師の喜びは何といっても患者さんの喜びの顔をみることだ。それもできるだけコストをかけないで。

MRIの普及は本当に役にたったのだろうか。医師は考える力が衰えたのか。


レントゲン技師雇った場合:1日2.9件、月63件の検査をしてトントン
レントゲン技師雇わなかった場合:1日1.9件、月41件の検査をしてトントン


症例①:1年前、階段を踏み外し膝に激痛。「MRIで前十字靭帯が少し伸びているようだ。どうしようもない。」ということだった。階段の昇降が特につらい。立ち上がるときも辛い。半腱様筋(膝の内側裏側)に圧痛があった。その部位に局所麻酔を注射するとすぐに痛みは取れた。伸張性収縮が起きたのだろう。

症例②:頚部痛と右上肢のしびれ。2か月続いている。仕事はうつむいていることが多い。MRIで頚椎ヘルニアで手術が必要といわれている。うつむき仕事といえば、スマホ首、斜角筋の緊張、特徴的な関連痛(サテライト・トリガーポイントの形成)。トリガーポイント注射で改善した。
MRI の普及と整形外科の普及は人々の幸せに繋がるか?_b0052170_22050408.png


症例③:80歳代女性、3回脊柱管狭窄症の手術を受けている。両側の下腿の前外側が痛い、しびれもある。長く歩いたり立ったりできない。足三里のツボから前脛骨筋に多くの圧痛があった。トリガーポイント注射をするとすぐによい反応があった。

症例④:突然下肢に激痛、救急車で病院へ。MRIで脊柱管狭窄症。手術をした。突然の激痛は脊柱管狭窄とは結び付かない。突然の激痛は血管関係を除けば、エモーション(情動)と関係していることが多い。大病院で当直医をしているとしばしば経験する。安定剤で改善する。老夫婦で妻は入院しているときのこと。金銭の余裕はあるのか。


by junk_2004jp | 2021-07-17 22:45


<< 越智貴雄氏のラジオ深夜便      辛さの身体化 >>