人気ブログランキング | 話題のタグを見る

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2021年 12月 02日

筋痛症

ほとんどの慢性痛は筋痛症だ。

変形性関節症、変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、半月板障害、腱板障害、肩関節周囲炎、上腕骨外側上顆炎、顎関節症、すべり症、椎間板症、手根管症候群、頚椎症、坐骨神経痛、胸郭出口症候群・・・などの病名で表されている。

筋痛症、myopain, myalgia, myofascial pain

たかが筋痛されど筋痛は慢性化することがあり悩ませる。早期治療が重要。

大きな問題は整形外科医が筋痛に対して無知で軽視したり、レントゲンやMRIで無意味な構造診断をすることだ。間違った診断は状態を複雑にする。

除外診断は「悪性腫瘍、感染症、自己免疫疾患(関節リウマチ、リウマチ性多発筋痛症、脊椎関節炎グループ)、痛風、偽痛風、帯状疱疹後神経痛、幻肢痛、精神科的)

精神科的というのは、先日次のような人がいた。
尾骨部が痛い。圧痛は見当たらない。飲んでいる薬を見ると、デパスなど数種類のベンゾ系の安定剤を長期間飲んでいる。つまり高度不安障害があって、脳と身体の連絡性が取れていない状態。

筋痛はどうして起きるのか。

固まった姿勢・・・緊張、睡眠障害、ストレス
繰り返す動作・・・労働、スポーツ
ケガ・・・骨折や靭帯損傷を伴っているときは、筋痛と別問題として治療

特殊なもの
パーキンソン病・・・ドーパミンの減少が筋痛を起こす可能性
筋痛症_b0052170_13493054.jpg
先日、電気屋で上記マッサージ器を見つけた。

手のひらサイズで先端がちょうどツボ押しになる。

患者さんに試したところとても好評だった。ツボに少し圧をかけて押さえる。筋痛症である証拠。




by junk_2004jp | 2021-12-02 14:01


<< 医療化(Medicalizat...      「ヘルニア、狭窄症、軟骨・半月... >>