人気ブログランキング | 話題のタグを見る

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2022年 01月 23日

神経障害性疼痛=カウザルギー+RSD=CRPStype2+CRPStype1

痛みの言葉は変遷があるので理解をするのが難しい。なにしろ数字化、画像化できないので。

①私が医局員だったころは(痛みの生理学がまだ夜明け前)太い神経線維が傷ついて痛みが続くものをカウザルギーとか言った。代表格が刀傷、四肢の切断による幻肢痛。帯状疱疹後神経痛もここに入る。これを神経因性疼痛といったのかもしれない。現在ではCRPStype2という。

②神経線維に傷がなく、ケガのあと長引く痛みをRSD(反射性交換神経性ジストロフィー)といった。現在ではCRPStype1という。

神経障害性疼痛:昔はこの言葉がなかった。リリカの新発売によりファイザー社の大々的なコマーシャルにより知った次第だ。

それで①と②を合わせたものだと理解している。

昔は慢性痛という概念は無かった。侵害受容性疼痛と神経因性疼痛と心因性疼痛という分類だった。今では心因性疼痛は死語になっている。

侵害受容性疼痛も悪循環を繰り返していると慢性痛=神経障害性疼痛に大化けするわけだ。

急性痛、慢性痛という分類も微妙なもので、最初から慢性痛の様相を呈していることがある。中井吉英先生は急性期慢性痛、慢性期慢性痛と表現している。
ファイザー社のリリカ広告は何だか誤解を生む広告だった。
神経障害性疼痛=カウザルギー+RSD=CRPStype2+CRPStype1_b0052170_15332577.jpg
神経障害性疼痛=カウザルギー+RSD=CRPStype2+CRPStype1_b0052170_15333404.jpg
神経障害性疼痛=カウザルギー+RSD=CRPStype2+CRPStype1_b0052170_15431649.jpg





by junk_2004jp | 2022-01-23 15:37 | 痛みの生理学


<< 医者が知らない筋筋膜トリガーポイント      腰部脊柱管狭窄症が痛みやしびれ... >>