人気ブログランキング | 話題のタグを見る

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2022年 12月 30日

年の瀬の痛み外来

北陸の冬は雪かきやタイヤ交換や大掃除で腰痛などが増える。(物理的要因)

仕事が休みになると体調を崩す人もいる。ストレスからの解放で。(心理・社会的要因)

孫が来たり、配偶者の実家に帰ったりする。「孫は来てうれしい、帰ってうれしい」という。(心理・社会的要因)

そういうわけで年の瀬はあわただしい。

長年の経験で心理・社会的要因がおよその検討がつく。

物理的原因と心理・社会的原因の絡みはいろいろ。

心療内科的なものから精神科レベルのものまで。心療内科的なものははっきりと筋痛として現れるが、精神科レベルは筋痛が分かりにくい。

身体化障害、疼痛性障害(潜在意識にある葛藤が日常生活が困難な程度の痛みを呈する)

症例 1ヵ月前より両下肢が痛む。車いす。日により痛みの部位が変わる。前医は坐骨神経痛といった。腰MRIはヘルニアや狭窄が多数みられるが痛みには無関係。いわゆる疼痛性障害だと思う。おおげさな痛がり方、部位が変わる。

年の瀬の痛み外来_b0052170_03452169.jpg


by junk_2004jp | 2022-12-30 04:26 | うつ・不安・ストレス


<< Webセミナー「痛みの診療」の演者      椎間板ヘルニアをめぐる終わりなき論争 >>