人気ブログランキング | 話題のタグを見る

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2024年 01月 31日

変形性膝(股)関節症の痛みの原因は軟骨がすり減っているためではなくて中枢性感作が起きているせい

筋骨格系の痛みは部位によってメカニズムが違うことはない。腰痛も膝痛も同じことなのだ。

特殊な病気:炎症性疾患=関節リウマチ(自己免疫疾患)、痛風、偽痛風、感染症

これらの疾患を除いてあとは筋筋膜性疼痛症候群ということになる。

原因は①打撲、捻挫(ケガ)②使いすぎ(まずい使い方)
痛みの悪循環
変形性膝(股)関節症の痛みの原因は軟骨がすり減っているためではなくて中枢性感作が起きているせい_b0052170_00505125.gif
最近は交感神経は必ずしも影響しないので自律神経反射性疼痛といわずCRPS1という。
痛みを感じると反射的に筋肉が緊張する、それが血行障害を起こし次の痛みの原因になる。
変形性膝(股)関節症の痛みの原因は軟骨がすり減っているためではなくて中枢性感作が起きているせい_b0052170_00594193.jpg
慢性の痛みの原因は中枢性感作なのだ。脳が痛みを記憶して痛みにとても敏感になってしまう。
変形性膝(股)関節症の痛みの原因は軟骨がすり減っているためではなくて中枢性感作が起きているせい_b0052170_01041787.jpg
痛みを我慢してはいけないのだ。
痛みは生命にも関係している。


膝痛は内側広筋の筋筋膜性疼痛症候群が多い。
変形性膝(股)関節症の痛みの原因は軟骨がすり減っているためではなくて中枢性感作が起きているせい_b0052170_01094581.jpg
図は左ひざ
赤◎あたりが内側広筋で圧痛があり

変形性膝(股)関節症の痛みの原因は軟骨がすり減っているためではなくて中枢性感作が起きているせい_b0052170_01084579.jpg
これは右ひざ
✖印で起きた痛みの信号が脳へくと脳は赤い部分に痛みを感じる(関連痛)。「膝が痛い」と訴えることになる。膝のレントゲンやMRIを撮って「軟骨が減っている」「半月板が傷んでいる」という診断になる。

よって治らなくなる。

次に多いのは鵞足部の痛みだ。

変形性膝(股)関節症の痛みの原因は軟骨がすり減っているためではなくて中枢性感作が起きているせい_b0052170_01551514.jpg


私は数か所の圧痛点に局麻剤を打っている。人工関節しか方法はないといわれた人を治療してきた。

慢性化する前ならすぐによくなる。

高度に軟骨の変性があるグループでも半数ほどの人は痛みがない。
膝痛のない成人の6割に半月板損傷がある。














by junk_2004jp | 2024-01-31 01:29 | 慢性痛


<< 今まで間違っていた痛みの医学      慢性痛とは >>