人気ブログランキング | 話題のタグを見る

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 09日

手術せず治りました

ヘルニアで麻痺???
色々な病院に行きましたが、もう手術しかないと言われています。これが最後と思い、脊髄専門医がいる「****病院」に行きましたが、「しびれは手術しても取れないと思ってください。元巨人監督の長嶋さんの様に一度潰れてしまった神経は元には戻りません。痛みがとれればいいでしょ」と言われてとてもショックを受けました。

10年ほど前1度ヘルニアの手術をしています。今回は2度目です。入院をして約3Wで治りました。痛みやしびれはありません。階段を駆けて昇降できます。神経根ブロック、硬膜外ブロックはしていません。

特殊な治療はしていません。私が診察したかぎりでは神経脱落症状(ー)、痛みは、臀部、下肢に強い圧痛点があり、筋硬結を触れ、トリガーポイントを押すと関連痛が誘発されるので、その部分の「筋・筋膜痛=恐怖のmyo-pain」と判断しました。異所性発火ならこれらが見られることはないはずです。

しびれはもちろん、トリガーポイント症状です。

ヘルニアに対する治療をしたのではありません。「筋・筋膜性疼痛症候群」に対する治療をしたのです。

それは、筋に焦点を置いた治療(トリガーポイントブロック、ストレッチ、マッサージ等)、心理・社会的な問題に関しては読書療法、認知行動療法です。

●ヘルニアと痛み、しびれの関係
ゲート・コントロール理論で有名な痛みの生理学者Patrick Wallはその著書で「ヘルニアの突出と痛みはそれぞれ独立していて、痛みの発現におけるヘルニアの突出の役割ははっきりしない。」と言っています。

痛みやしびれがヘルニアと関係があるとするならば、圧迫にせよ炎症にせよ異所性発火ということになります。それでは、患者さんに必ずみられる「強い圧痛点、、トリガーポイントを押すと誘発される関連痛」が説明できません。これらは筋・筋膜性疼痛症候群の特徴です。

ヘルニアがあっても無症候の人はかなりの数存在する。症例のように筋肉に焦点を合わせた治療でよくなってしまう。

これらのことから、ヘルニアと痛みやしびれは限りなく無関係というべきです。

●ヘルニアと麻痺の関係(頚椎のヘルニアによる脊髄マヒ、馬尾症候群は除く)
ヘルニアガイドラインの第5章予後では「一般に、腰椎椎間板ヘルニアの手術適応は急性の膀胱直腸障害を呈した場合を除き、進行する神経脱落症状が認められる場合、Lasegue徴侯などの神経緊張徴侯が強陽性で重篤な神経脱落症状を伴う場合、手術以外の保存療法が無効であった場合であるとされている。」

私はヘルニアによって神経脱落症状(神経麻痺)を呈した症例の経験がない。しかし、やはりガイドラインに記載してあるようにあるのかもしれない。

神経麻痺と誤解されている筋力低下は筋硬結、筋短縮のせいで、ストレッチや筋力トレーニングですみやかに回復するものと思っている。

Patrick Wallも「ヘルニアが運動神経を切断して運動麻痺を生じることが証明されたように思われていたが、痛みがあると中枢性の効果によって筋肉が消耗するので、今では疑わしい。 」といっている。

しかし、やはり麻痺がわずかではあるがあるのかもしれない。そうなら、ヘルニアは絞扼性神経障害に含めるべきだ。


by junk_2004jp | 2006-04-09 17:02 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾


<< contraction knots      腰椎ヘルニアの不思議 >>