人気ブログランキング |

心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 10日

小臀筋、棘下筋のトリガーポイント

私のHPを見て来られる方が時々いる。「内容は分かりましたか?」と尋ねるとたいていは量が多すぎてよく分からないとおっしゃる。それもそうだと思う。ブログのほうで解説する。

Aさんは6年ほど前スキーのあとから?右臀部痛~下肢のしびれで長時間立っているのが困難だ。

いくつかの病院で診察の結果、脊柱管狭窄症だが、手術するほどでもないと言われている。しかし、最近症状は強くなってきている。8時間のデスクワークをしている。

また最近、右上肢のしびれがでてきた。頚のヘルニアという診断をえている。

小臀筋、棘下筋のトリガーポイント_b0052170_15352813.jpg


基幹病院での診断だ。

私が診断したところ、下肢は小臀筋の、上肢は棘下筋のトリガーポイント症状だ。両方ともトリガーポイントブロックをしたところ症状は軽減した。

小臀筋、棘下筋のトリガーポイント_b0052170_15383634.jpg

小臀筋、棘下筋のトリガーポイント_b0052170_15392417.jpg


小臀筋の方はバックポケットサイアティカといわれている。デスクワークの人に多いようだ。

by junk_2004jp | 2007-01-10 15:44 | 症例 | Comments(0)


<< 鞭打ち損傷      Muscle Knots (筋硬結) >>