心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 08日

7ヶ月前のむち打ち

Aさんは7ヶ月前に追突されてむち打ちになりました。他院に通院していましたが、症状の改善がみられず、また、今の症状はむち打ちが原因でないと言われ、納得がいかず、当院を受診しました。

頚を左右に動かすとき痛みがあり、困難。頭痛、めまい感、耳鳴り、睡眠障害などあり。

b0052170_1871380.jpg

b0052170_189471.jpg


左側の頭板状筋と胸鎖乳突筋に強い圧痛があり、写真でわかるように明らかに左右差がみられる。このような普通写真は記録として価値があると思われる。

事故がきっかけかどうか断定できないが、常識的に考えて、患者さんがそれ以来だとおっしゃっているのだから、「外傷が引き金となった左頭板状筋と胸鎖乳突筋の筋筋膜性疼痛症候群」というべきだろう。

トリガーポイントブロック、マッサージ、スーパーライザーをおこなった。症状の改善があったが、相当日数が必要のものと思われる。

頭板状筋と胸鎖乳突筋は乳突起で連結している。
b0052170_2222838.jpg

b0052170_1243538.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2008-01-08 18:19 | 交通事故診療 | Comments(0)


<< 長引くむち打ち      早く目から鱗になって >>