心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 20日

PT(理学療法士)さんからのメール

加茂先生

はじめまして。去年の暮れ頃から先生のHPを拝見する機会があり、毎日のように勉強させて頂いてます。

私は、現在***県にある***病院という現場にて、理学療法士をしながら、夜間で鍼灸専門学校に通っています。

現在の病院は7割以上が整形外科疾患であり、主に地域高齢者の手の痺れ、肩痛、腰痛、膝痛が多い状態です。

HPを拝見するまでは、変形によってとか加齢によってとか、手術しかない等自分自身で思いながら、施術を行っていました。要するに痛みに対して疑問はあるものの逃げており、理由も無くマッサージや関節モビライゼーション等を実施し、筋力増強訓練を必死になって実施していました。

先生のHPを拝見してから、今までの自分が考えてきたことがパズルのように組み合わさっており、尚且つ臨床の現場においても以前とは比べ物にならないほど完治の方向へ進んできています。

正直、変形等には手術又は筋力でカバーするしかないため、理学療法士にはできることがないと勘違いしていた自分が救われたようにあります。又自信になりました。これからも先生のHPにて更に勉強したいと思っています。

さて、今回先生にお伺いしたのは、理学療法士が徒手的にTPにアプローチする際には加圧法等が有りますが、実際には徒手的な加圧刺激により筋硬結はどのような作用が起こるのでしょうか。

又強刺激によって痛みを増悪又はスパズムさせる要因にはならないでしょうか。徒手的なアプローチを行う場合の注意点等をご指導していただけたら幸いです。今後ともご指導のほど宜しくお願いします。


筋骨格系の痛みに対して、手技療法はなくてはならない重要なものだと思います。鍼灸有効な手段になることでしょう。将来は開業されるのでしょうか。がんばってください。

加圧療法については経験がないのでわかりませんがそれで筋硬結がとれればいいですね。筋肉や皮膚を揉んだり押したりすることによって血流の改善につながるのだろうと思います。

Taut Band と化した筋肉をいかにしなやかな伸びる筋肉に作り替えることができるかです。いろいろな手技療法家の意見を取り入れていかれたらいいでしょう。

無駄な手術は避けるべきです。レントゲンではすごく悪くても元気なご老人はいるものです。人間にとって将来の不安がとても大きな要素です。

予防はとても大切だと思います。作り替えるのは大変ですが、日々の予防を患者さんに教えてください。

丸まった肩、前へ出た頚、O脚、前屈みの腰などいつのまにか老人のスタイルになるのは筋肉に大きな責任があると思います。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-01-20 09:55 | Comments(8)
Commented by shinnji-nozaki at 2008-01-20 15:02 x
手技療法の事が出てきましたので僭越ですが書き込みさせていただきます。
筋繊維を切るように(弾くように)手技を加えると正常繊維を傷つけ却ってスパズムを生じさせるかもしれません。
また強さは痛気持ちいいよりちょっとだけ強い位がよろしいのでは?と思います。
筋硬結を丹念に角度を変えながら押していくと最も応える角度がありますのでその角度で押されるのがよろしいかと思います。
Commented by junk_2004jp at 2008-01-20 22:42
野崎先生、貴重なアドバイスありがとうございます。
Commented by TK(タク) at 2008-01-21 00:20 x
加茂先生は、注射の後、よく揉むようにとおっしゃられてますね。

マイオセラピーのサイトでは、
>マイオセラピーでは,治療法として,マッサージなどの徒手による療法では緩まな
>「筋硬結」に対して特殊なバイブレータを深層の背筋に用います.この自社と製造
>会社とで共同開発したバイブレータはマイオバイブ(MyoVib®,商標登録第4572571
>号,特許申請中)と呼び,低周波数(約20Hz)で,大きい振幅で使用しています

だ、そうです。
Commented by 五藤 at 2008-01-21 05:56 x
お話を伺っていて、干しアワビをいかにふっくらと料理するかをイメージしてしまいました。あまり連想がよろしくありませんが・・
ところで先生、先日来ちょっと気になっているのですが、「正常な筋肉」と「わけあり筋」と「硬結あるいはトリガーポイント化した筋肉」は病理的にというか組織的に明確に区別できるでしょうか?もし、組織を採取することができて、顕微鏡で見てみたら、の話ですが。
Commented by SHUN at 2008-01-21 08:30 x
野崎先生、はじめまして。
筋に圧迫を加える際には、やはり「痛気持ちいい」より少し強いくらいの方がよろしいのですね。
圧痛点を見つけてそこをほぐしていこうとしても、どのくらいの強さが良いのかいまいち良く分からなかったので、とても参考になりました!
ありがとうございました。
Commented by shinnji-nozaki at 2008-01-21 10:48 x
shunさん、はじめまして。押している間ずっと関連痛が出続けている位がよろしいのではないかと思います。
ですが、相手の方の体に力が入りこらえてしまう位ですと、かえってうまくいかないと思いますので、力が入ってしまうようでしたら強さを弱めるか、接触面積を広くされるかなどで適宜調節なさるとよろしかと思います。

Commented by SHUN at 2008-01-21 22:02 x
野崎先生、貴重なアドバイス、ありがとうございます!
自分は理学療法士なのですが、上記の事は自分自身の事です。
臀部及びハムストに痛みがあり、臀部・大腿後面に圧痛点があるため、自分自身で筋をほぐしていこうと思っているのですが、なかなか力加減がうまくいかなかったのです。
野崎先生のアドバイスを参考にしながら、地道に頑張ってみようと思います。
ありがとうございました!
Commented by m_chiro at 2008-01-22 12:28
SHUNさん、はじめまして。
SHUNさんは理学療法士だそうですが、マッケンジー法の運動分析を、ご自身の腰下肢痛に試みたことはありますか。
もし、この運動分析で明らかな指標がみつかれば、圧痛点のリリースに加えて、指標となったエクササイズを行うのも効果的ではないかと思います。
TrPのリリースには、いろいろな技法があると思います。私も色々な引き出しを使って対応していますが、徒手による方法としてはうまく反射を誘導させることなんでしょうね。


<< メールでのご質問      1回の治療でうんと改善しました >>