心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 25日

腰股攣急

Aさんは出勤のため車に乗ろうとしたとき、腰に激痛が走りほとんど動けなくなりました。救急車で運ばれました。

腰と右大腿前面に痛みがあり、大腿部はしびれていてほとんど感覚がないとのことです。

吐き気あり。血圧、脈拍正常。

大腰筋のspasmだろうと思い治療する。一旦治まり、経過をみるために病室へ。3時間後、四肢のしびれ、顔面のしびれ、腹部の痙攣痛を訴える。

デパス0.5mg2錠、点滴でおちつく。

自律神経の猛烈な嵐でした。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-25 18:47 | 急性痛 | Comments(4)
Commented by ぴよ at 2008-02-26 12:18 x
筋痙攣は自律神経の乱れが原因なのですか?
私は筋痙攣が止まらなくて困っています。
救急車を呼んでいいなら、毎晩、呼ぶとこです。
自律神経をどう整えたらいいでしょうか。
Commented by junk_2004jp at 2008-02-26 13:16
薬は芍薬甘草湯などの漢方薬、抗うつ薬、抗不安薬、抗てんかん薬など。

自律訓練法などいろいろあります。
Commented by TK(タク) at 2008-02-26 22:24 x
急性痛なので、発痛物質を抑える為にNSAIDかと思ったのですが。
Spamsは無意味な神経の興奮の結果なのでしょうか。だからデパスですか。

それにしても治療方針の決め手は何なのでしょうか。
普通は最初にロキソニンになってしまうはずです。
Commented by junk_2004jp at 2008-02-26 22:44
セルシンのような抗不安薬の注射でもいいのです。

パニック障害のようなものです。


<< 脊椎疾患にかかる医療費は増大し...      右正面、側面衝突 >>