心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 13日

線維筋痛症研究会ー津

b0052170_13295216.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2008-10-13 08:59 | Comments(5)
Commented by アクビ at 2008-10-13 11:54 x
加茂先生、遠方までお疲れ様です。
この研究会、「線維筋痛症友の会」でも紹介されていて、一般の人も参加できる講演もあるのですよね。
行ってみたい!と思ったら開催地が・・・お金掛けてまでいくには私には今ちょっと負担が大きいのであきらめました。
詳細のご報告、お待ちしておりますm(__)m

11月に横浜で実施される村上正人医師(心療内科)の講演には行ってみたいと思っております。
Commented by junk_2004jp at 2008-10-13 18:41
身体科の医師によって線維筋痛症の概念が進んでいくと、身体表現性障害の中の疼痛性障害、身体化障害は無くなるのではないか、というような話もありました。

お灸が効くとか、たばこや食物アレルギーが関係しているのではないかとか、更年期障害を除外すべきだとか。

慢性限局性疼痛と慢性広範囲疼痛と線維筋痛症の境目は一続き。
Commented by TK(タク) at 2008-10-13 22:23 x
やはり、行かれてたのですね。三重と言えば、西岡先生の母校があるところ。
先生、本当に休日も大変ですね。
Commented by アクビ at 2008-10-15 11:56 x
加茂先生、改めて貴重な休日にお疲れ様でした。

>身体科の医師によって線維筋痛症の概念が進んでいくと、身体表現性障害の中の疼痛性障害、身体化障害は無くなるのではないか、というような話もありました。

それであれば、ますます精神科医には線維筋痛症を知ってもらわねば困りますね。
私のように、あからさまに診察拒否をされる患者さんが出ないためにも・・・。

某精神科医は「あなたは病気でもなんでもありません!!」って興奮気味に言い放ちました。
血液検査でなんの異常もない、甲状腺機能も正常、ってことで・・・。

問題は単純で、その医師が線維筋痛症を知らなかっただけのことなのですが。

>更年期障害を除外

これはどう判断してそうするのか疑問です。
そもそも他の病気なのに「更年期障害」で片付けられてしまう40~50代の女性が結構いらっしゃるようですから。
Commented by junk_2004jp at 2008-10-15 12:09
更年期障害の定義を明確にすることだと思います。ホルモンの値などの測定によって。

線維筋痛症と診断されているものの中に、ホルモン療法でよくなるものもあるそうです。


<< しらさぎ      慢性痛という概念ができた今 >>