心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2008年 02月 09日 ( 1 )


2008年 02月 09日

有名外科医のお仕事のあと・・・

楽しいはずの老後が・・・

なんとかなりました

国松さんからご紹介いただいた患者さんです。腰~両下肢痛の患者さんです。

15年前、地元で、腰の手術をするも改善せず、他県の有名外科医で診断、治療を受ける。この時、頚から来ているということで頚の手術、それでもよくならず、また腰の手術を受けています。

そもそも理論の立て方が間違っているのです。有名外科医はさばくのはたしかにお上手でしょうが、それ以前に理論構成に問題があるのです

この方は頚や腰の構造上の問題があって、たとえば脊髄や末梢神経が圧迫されて症状がでているのではありません。神経が圧迫されても痛みやしびれはでてきません。

慢性化した、臀筋、下肢筋の筋筋膜性疼痛症候群なのです。

今日、診察にいらっしゃいました。

「手押し車がなくても歩かれるようになりました。階段が上れるようになりました。」と、とても喜んでいらっしゃいました。

最初は抗うつ薬を処方したのですが、効果がイマイチでしたので、昨年末より、抗てんかん薬(ガバペン)に切り替えました。それがよかったのかもしれません。

ガバペンは興奮性神経伝達物質の遊離を抑制、抑制性神経系であるGABA神経系の機能を維持・増強するという性質があります。

線維筋痛症でその疼痛抑制効果が話題となりました。海外では以前より慢性疼痛の治療薬として用いられているそうです。我が国では、てんかんの適応しかありません。

厚労省ははやく適応症を拡大すべきです。そして、このような手術が保険適応である事自体が疑問です。痛みに対する国民的な問題に対して行政はあまりにも無策です。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-02-09 12:40 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(9)