心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2017年 12月 26日 ( 2 )


2017年 12月 26日

20周遅れのランナー

MRIが作られる
病名が作られる(脊柱管狭窄症)
患者が増える
医療費が増える
痛い人が増える

「脊柱管狭窄症の手術をしたがよくならない」今日も新患で2人いた。電話での相談が一人いた。再診の人はたくさんいる。

私が医師になったころは脊柱管狭窄症という病名はなかった。いつのまにか登場し、あっという間に広がった。

当然のことながら患者さんは増え、医療費はアップし、それで痛い人が減るのなら喜ばしいことなのだが、返って増えているのではないだろうか。

30年ほど前に痛みの生理学は爆発的発展をみた。

それ以前は「神経根が(ヘルニアや脊柱管狭窄、椎間孔狭窄などで)圧迫を受けると、その神経の支配領域に沿って痛みや痺れが生じる」というものだった。

つまり痛みの生理学は存在しないで、全くの暗闇だったのだ。

痛みの生理学の発展によって、「痛みが生じるメカニズム、痛みの悪循環、痛みの広がり、痛みの慢性化」について詳しく分かってきた。当然、神経根圧迫説は否定されたわけだ。

1986年に痛みの定義「感覚性、情動性の体験であり、組織損傷を伴うものと組織損傷を伴わないものがある。」

これらを受けて、従来の整形外科的治療の成績が悪いことに対する反省が行われた。

20年ほど前、イギリスやオーストラリアでは腰痛など筋骨格系の痛みに対して、従来の「いわゆる整形外科的な損傷モデル」から「生物・心理・社会的疼痛モデル」へと移行した。

英国の調査では20年前から「MRIが腰痛治療の改善に寄与していない」と言われている。

我国では現在でも、イギリスやオーストラリアが20年前に捨ててしまったの理論で診断治療が行われている。

もう20年も経っているのだから、知らなかったでは済まない。

[PR]

by junk_2004jp | 2017-12-26 17:53 | Comments(0)
2017年 12月 26日

広がり続ける「病院格差」 医者のレベルはこんなに違った

「腰痛にMRI」は古い
そういう古い知識のままの医者は、ヘルニアによる神経の圧迫が腰痛の原因だという旧来の診断をしている。

「英国の調査によれば、『MRIが腰痛治療の改善に寄与していない』という結果が20年前から出ています。

=================

これを解説している医師も間違っている(自分の考えにとらわれ過ぎて勉強不足か)。AKAの創始者でしょうか。

腰痛の原因は、仙腸関節(骨盤の後ろにある関節)のゆがみにある―

仙腸関節は靭帯で強固に固められていて簡単には動きそうもない。出産か。

仮に歪んでいたらどうして痛いのか。

腸腰筋や臀筋、脊柱起立筋の緊張の左右差があれば骨盤が歪むことになる。痛みの原因ではなくて結果。

しかし、実際に神経圧迫によって起こる腰痛は2~3%なんです。

じゃあ、その2〜3%かどうかどうして見分けるのか。どうしてそのような違いが起きるのか。

神経が圧迫を受けて痛みやしびれが生じるという事実はありません。

なかには腰痛の原因は脳にあると考え、抗うつ剤やオピオイドという麻薬由来の薬や、神経の感受性を鈍くする痛み止めをむやみに処方する医者もいるという。

慢性痛は中枢性の痛覚過敏ということは今や常識です。むやみに処方することはないですが、いろいろ手を尽くしても改善しない場合、このような薬剤により救われる人がいます。

[PR]

by junk_2004jp | 2017-12-26 01:56 | Comments(0)