心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 08日 ( 1 )


2018年 02月 08日

筋筋膜性疼痛症候群の治療

筋骨格系の痛みは

悪性腫瘍、感染症、リウマチ系、痛風系を除けばほとんどが筋筋膜性疼痛症候群(MPS)です。

これらの疾患に合併しているMPSもあります。

脊髄症(脊髄マヒ)に合併したMPSもあります。

しびれはMPSの症状です。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、分離症、坐骨神経痛、肋間神経痛、三叉神経痛、頚肩腕症候群、斜角筋症候群、胸郭出口症候群、頚椎症性神経根症、神経根症、椎間板症、むちうち、ギックリ腰、変形性脊椎症、肩こり、テニス肘、手根管症候群、CM関節症、五十肩、梨状筋症候群、変形性関節症、鵞足炎、モルトン病、外反母趾、踵骨棘、シンスプリント、足底腱膜炎、腱鞘炎、腱板損傷、半月板損傷、膝内障、顎関節症、緊張型頭痛、骨折、(脊髄症を伴わない後縦靭帯骨化症や黄靭帯骨化症)など

上記の疾患の痛みはMPSです。ヘルニアや狭窄症、すべり症、分離症、半月板や腱板の損傷は健常者でもよくみられます。これらは痛みの原因ではありません。

急性痛≒炎症性疼痛=組織損傷+痛み (組織損傷の治療と痛みの治療は別の問題、それぞれに対して治療する)

慢性痛=約3ヶ月よりあと、痛みそのものが治療の対象。痛覚過敏=中枢神経の可塑的変化=神経障害性疼痛、線維筋痛症、術後の長引く痛み

痛覚過敏の特殊な状態=アロデニア、カウザルギー=CRPS

原因は打撲や捻挫などのケガと日常生活、労働、運動などの過剰使用やクセ。

ストレスは食いしばりや握りしめや肩こりなどを伴う。痛みの認知に悪影響。

MPSは日常の心がけ、工夫によって防ぐことができます。姿勢、道具、体操、ストレッチ、マッサージなど

MPSの治療は好みの方法でいいと思います。時間や費用は考えなくてはいけません。

それは再発を繰り返すことが多いから。

レントゲンやMRIは基本は必要ありません。骨折を疑うときやほかの病気を疑う時に必要です。

慢性痛の基本は動かすことです。(運動療法、認知行動療法)

慢性化すると部位も広がり治りにくくなりますから、早期に治療がいいです。

慢性痛の薬剤は三環系抗うつ薬、SNRI(サインバルタ)、プレガバリン(リリカ)、トラマール、トラムセット、ワントラム、ノルスパンテープなどがあります。副作用は便秘、吐き気など。効果は個人差が大きい。

慢性痛の治療:運動、認知行動療法、鍼、トリガーポイント注射、マッサージ、カウンターストレイン、操体法、心理療法など

急性痛の治療:必要最小限の安静、鍼、トリガーポイント注射、消炎鎮痛剤、カウンターストレイン、操体法、(心理療法)

b0052170_02403206.jpg
b0052170_03352733.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2018-02-08 02:56 | MPS | Comments(0)