心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2018年 06月 15日 ( 1 )


2018年 06月 15日

慢性痛の治療

慢性痛は中枢性の痛覚過敏です。痛みそのものが治療の対象です。

扁桃体優位から側坐核優位に。安心と期待。認知行動療法(可能な限り運動)、トリガーポイント注射、薬など。

「傾聴・共感・受容・支持・保証」

個人差があり、いつも短期間でうまくいくものではありませんが、今回は次のメールをいただきました。これを契機に改善の道をいかれますように。

=================
X月4日から7日、@に帰る当日の朝まで治療して頂いたAです。大変お世話になりました。治療を始めて3日目の朝より左腸骨の上の痛みが本当に楽になりました。ありがとうございました。
中学生の頃より腰痛と肩凝り首の痛みに悩まされ44年が経ってしまいました。腰痛にいたっては@地方で良いと言われる所は行き着くしたのではないかと思いますが痛みと決別することは出来ませんでした。
仙骨ブロック、硬膜外ブロック、神経根ブロックどのブロックも私には効きませんでした。そのうち、もともとの痛みと注射の苦痛から私は腰に触れられる事が恐怖にかわって行きました。
今から5年前痛みに耐えかね脊椎外科にて手術をしました。100%痛みは取れないかもしれないけど随分と楽になるはずだとの医師の言葉を信じての事でした。
しかし痛みから解放されることはなく手術前と何も変わらないのです。何度 検査をしても 手術をしたところは綺麗で異常はない! 
画像に異常が認められない患者には興味がないのだと思いました。何人ものドクターに診て頂きましたが全く痛みを理解してもらえない。
中には私の痛がるヵ所を笑いながら不思議だねぇと…病院に行けば行くほど絶望的になったのが忘れられません。
今回、思いきって加茂先生の治療を受けて本当に驚くと共に安心感を得る事が出来ました。
良くなるからねぇと言って下さったのは何人ものドクター、整体士、柔道整復師診てもらった中ただお一人、加茂先生だけです。
診察内容も心に触れて下さることに感激致しましたアダルトチルドレンなんてと診ることすらしないドクターも多いのに加茂先生の方から言って下さったことがなんとも言えない安心を感じることが出来ました。ありがとうございました。
帰宅後早々に「カウンターストレイン」をYouTubeで閲覧、同僚に電話をし加茂先生のご指導を興奮気味に話をしておりました。
私の住む地域にも加茂先生の様に心に寄り添って治療をして下さるドクターが誕生されることを又増えて行く事を切に願います。このたびは本当にありがとうございました。心より深く深く感謝致します。

[PR]

by junk_2004jp | 2018-06-15 00:47 | 慢性痛 | Comments(0)