心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2018年 10月 17日 ( 1 )


2018年 10月 17日

慢性の痛み

b0052170_16560353.jpg

この会は医師だけの会なのでしょうか。

私の市にも慢性痛の会ができたようです。

私の業界(臨床医学)は薬屋さんのプロパガンダに左右される傾向があります。医者も勉強しているのですが、製薬会社の組織力、情報収集力、MR数などに圧倒されるわけです。

2001年、パルクス、リプル(プロスタグランジンE1)が発売されると、脊柱管狭窄症が降ってわいたように有名になりました。今も続いていますが。これは食わせ物でした。(と私は思っています。)

今回は、サインバルタが腰痛や膝痛の適応が取れたし、リリカ、トラムセット、トラマール、ワントラム、ノルスパンテープなど慢性の痛みの治療薬が登場しましたので「慢性の痛み」がブームになってきたという次第です。

慢性の痛みは平均3ヶ月で出来上がるといわれます。

痛みそのものが治療の対象です。中枢性の痛覚過敏です。敏感になった火災報知器を想像してください。蚊取り線香にも反応、お湯を沸かすにも反応する状態を想像してください。

何かを治したら痛みが治るという問題ではないのです。

痛みの認知システムそのものの不具合(過敏化)です。

急性期=痛み+(あるかも、ないかもしれない)ケガ。

明らかにケガがあれば急性痛で、ケガの治療と痛みの治療は別問題として取り扱うべきです。(炎症性疼痛)

明らかなケガがなければ当初から慢性痛と考えられのです。(急性期慢性痛)

痛みの大敵は不安です。(完璧主義、こだわり、気にする)

整形外科を受診したとき、レントゲンやMRIを撮ることが多いのですが・・・

「とくに異常ありません。」と言われたり、健常人でもある「すべり、分離、ヘルニア、軟骨変性、脊柱管狭窄」を痛みの原因のように説明されるでしょう。

そのような説明を聞くことによって、不安の人はますます悪化しますね。

医者にとっても治しようがないですね。だから「痛みと付き合って」「治りません」「痛み止めをだしましょうか」ということになるのです。

今までがそういう学問だったのです。医師もかわいそうなもんです。間違った学問をしていたのですから。

今まで信じてきた痛みの原因を捨ててしまわない限り「慢性の痛み」は理解できません。
b0052170_20151175.jpg
御意



[PR]

by junk_2004jp | 2018-10-17 20:17 | 慢性痛 | Comments(0)