心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

2018年 10月 22日 ( 1 )


2018年 10月 22日

手足のしびれ

b0052170_13331433.jpg
b0052170_13331051.jpg
Aさん(80歳代、男性)

両側の足の甲、手のひら側の指に長年、ジンジンしたしびれが続いています。

歩きにくい。腰痛もあり。

2年前、脊柱管狭窄症の手術を受けましたが一向に改善しません。

私「手の方はどこからきているといわれましたか?」

A「内科の病気でしょう、ということでした。内科で診てもらいましたが異常なしでした。」

手術のあとも足のしびれは取れませんでした。

私「先生はどうおっしゃいましたか?」

A「手術の結果は1年ぐらいあとに出ます。ということでした。」

でも1年たっても同じでした。

A 「受診しました。手術は完全によくなっている。まだ1年ぐらいかかる。といわれました。」

一向によくなる傾向が見えないので、いろんな病院を受診しました。

A「治らない、歳のせい、付き合っていくように、などいわれました。」

私「お風呂のあと少し楽になりませんか?」

A「はい、少し楽になります。」

==================

しびれはジンジンした感覚で、筋筋膜性疼痛症候群や線維筋痛症の症状です。重い荷物を持っている、鉄棒にぶら下がっている、綱引き、腕相撲のあとなんかに一過性のジンジンした感じがありますね。

心療内科的には不安、抑うつの症状です。これらは筋筋膜性疼痛症候群や線維筋痛症と同じ範疇の疾患です。

慢性的な筋肉の緊張がありました。図の❌印のところに強い圧痛がありました。

数カ所、トリガーポイントブロックをして指をよくうごかしました。

腸腰筋にも腰の筋肉にも圧痛点がありました。

Aさんの表情はすぐによくなりました。

A「少ししびれがとれました。歩きやすいです。

私「筋肉が凝っているのですよ。きっとよくなりますよ。夜は眠れますか?トイレには何回いきますか?」

A「眠れません、トイレに数回行きます。」

脊柱管狭窄症でしびれることはありません。神経を圧迫するとしびれるなんて生理学はありません。

眠れない、トイレに何回も行くなども同じ範疇です。

トリプタノールを1錠だしました。

[PR]

by junk_2004jp | 2018-10-22 14:06 | Comments(0)