心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 24日

しびれを神経症状という医師が多いが間違い


しびれはジンジンした感覚をいうのだが、これを神経圧迫による神経症状だという医師が多い。

間違っている。困ったものだ。

細い静脈のうっ血状態ではないかと思っている。

正座、鉄棒ぶら下がり、綱引き、重いものを長時間持つ、血圧計などの時にしびれを体験する。

筋肉の緊張などにより細静脈が影響を受けるのではないだろうか。


手根管症候群のしびれは手を振ると改善すると言われる。

正中神経の分布領域に一致しているのは静脈と神経が伴走して同じような領域に分布しているからかもしれない。

長年、両下肢のしびれ(すべり症による脊柱管狭窄症と診断されていた)がトリガーポイントブロックで一挙に改善した例がある。

知覚鈍磨〜知覚脱失は神経症状(マヒ)だが、長時間の正座のあとしびれと共に知覚が鈍って感じることがあるので注意。

しびれや痛みを神経症状だという説明は間違っている。

私の診察机の下には5Kg重の鉄アレイがある。これはしびれや痛みの原因を実感してもらうためだ。

b0052170_01413825.jpg
腸腰筋の走行
b0052170_01414613.jpg

緩んだ筋肉と突っ張った筋肉のイメージ
b0052170_01415890.jpg
廊下にビデオ(最近はガッテンを流している)
b0052170_01422237.jpg




[PR]

# by junk_2004jp | 2018-05-24 01:35 | Comments(0)
2018年 05月 22日

足裏のしびれ=ノイローゼ

Aさん(70歳代)は両足裏のしびれに悩まされている。

数年前、腰痛のため病院を受診した。

脊柱管狭窄症という診断だった。

しばらくして両足の裏にジンジンした感じのしびれを感じるようになった。

当院を受診してふくらはぎの圧痛点数カ所に局所麻酔を注射した。

症状の改善はみられなかった。

「しびれを感じない時はありますか?」

「はい、ゲートボールをしている時は感じないです。」

「しびれは腰から来ているのでしょうか?」

「いいえ、それはノイローゼなんです。気になっておれないのです。だから好きなことをしている時は感じないのです。腰からの可能性は100%ありえません。」

「それも医者によって作られたノイローゼと言ってもいいと思います。」

患者さんはとても納得したようだった。

ノイローゼという言葉を使うときはかなり慎重になる。

「こんなに苦しんでいるのにノイローゼと言われた」と反感を持つ患者さんもいることだろう。

「脊柱管が狭くなっている。神経が圧迫を受けているので、将来足にしびれがくるでしょう。」なんて説明を受けていたとすれば今回のようになることがある。

痛みやしびれは人を容易にノイローゼにする。

慢性の痛みやしびれは不安、神経質と兄弟のような関係です。



[PR]

# by junk_2004jp | 2018-05-22 21:51 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
2018年 05月 20日

脊柱管狭窄症という病名はどれだけ多くの人を苦しめたか。脊椎外科医に仕事を与えたか。

私が医師になったころ(40年ほど前)は脊柱管狭窄症という病名はなかった。こんな分厚い書物の索引を見ても脊柱管狭窄症はでてこない。
b0052170_09415228.jpg
b0052170_09422797.jpg
「脊柱管狭窄症」という病名がふってわいたのはパルクスというプロスタグランジンE1製剤が薬価収載された2001年ごろではないだろうか。

間欠性跛行に効果があるということで。

間欠性跛行→脊柱管狭窄症

そもそもは海外の論文なんだろう。

これによって、多くの人が救われたのならいいが、救われたのは脊椎外科医だったりして(笑)。

迷惑したのは患者さん。

私は理論的におかしいと思った。

間欠性とは休んだら治るということで、それが神経が圧迫を受けているためだという理論はおかしい。

症状のない人でも脊柱管狭窄があることはよく知られている。

有名脊椎外科医は雑誌の対談で次のように言っている。お粗末。「神経根ブロックをして効けば、そこが原因だということで手術、効かなければ心因性ということだ。」

神経根ブロックが効いたということは、末梢からの痛み信号がその神経根を通過したということか、プラシーボか。

効かなかったのはその神経根を通過しなかったという証拠。

常識的に考えて、休んだら治るのは筋肉でしょ。

脊柱管狭窄があっても症状のない人もいるということもこれでクリアできる。

============

菊地先生と外国医師との対談

菊地先生「狭窄があっても無症状の人がいるのはなぜ?」

外国医師「ゆっくりできた狭窄は痛くない、それは血流が改善しているから。急激にできた狭窄は血流が追いついていないから痛い。」

このようなことをが書いてあった。

「ハワイの火山のマグマvs日本の火山の火砕流」みたいな理論だね。

=============

Aさんは大学で脊柱管狭窄の手術を受けたがよくならず、当院初診の時はほとんど歩行できず車椅子使用。

慢性疼痛の説明をして治療した結果、今では旅行を楽しむまで回復した。しかし、ノルスパンテープを使用、時にトリガーポイント注射をしている。

Aさんは名士で会合に出ることも多く、ある会合で大学の主治医と出くわした。経緯を説明すると「その治療は危険だ。感染するかもしれないし、間違っている。」と言われたそうです。

じゃあ貴方のいう通りの治療をしていた結果、車椅子だった。

医師は強く洗脳されていることがある。

一度の人生、あっという間の老後、老後の1年は若い時の10年のようだ。バカな理論に付き合っているヒマはない。

[PR]

# by junk_2004jp | 2018-05-20 11:16 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)
2018年 05月 20日

パラダイムシフトが必要なんだけど、頭がついていけない



痛みの発生メカニズムに基づいた治療」を意味する英語の頭文字をとってMBT(Mechanism Based Treatment)呼んでいます。

「痛みの発生メカニズムに基づいた治療」とは悪性腫瘍、感染症、リウマチ系(自己免疫疾患)、痛風系(代謝疾患)を除くということでしょう。

パラダイムシフトが必要だといっているのだが、使われている病名は従来のままだ。パラダイムシフトされていない。

下の図のように従来の病名で分類するのはいかがなものか。

b0052170_00352698.gif
痛みの定義

不快な感覚性・情動性の体験であり、それには組織損傷を伴うものと、そのような損傷があるように表現されるものがある。

①組織損傷を伴うもの:侵害受容性疼痛、炎症性疼痛、急性痛

②組織損傷があるように表現されるもの:神経障害性疼痛、慢性痛、心因性疼痛

混合性疼痛は①②が混在しているもの。

痛みは時間的要素があり、約3ヶ月で慢性痛に変化する。おたまじゃくし→かえる。中枢性感作。

当初より慢性痛的な場合がある。(不安など)

だから時間的要素のない従来の病名では表現できない。
b0052170_01164649.gif

C線維の先端についているポリモーダル侵害受容器で電気エネルギーに変換し脳へ伝わる。
脳でその電気信号を読み解いている。個人の記憶や感情が影響して特徴的。

つまりエネルギーなのだから、力か熱しかないのだ。原子力があるって・・。

日焼けや熱症をのぞけば、外力しかない。

慢性的な外力、急性の大きな外力。ケガ、障害、労働、スポーツ、生活習慣

大きな外力→骨が弱ければ圧迫骨折、骨が強ければ椎間板ヘルニア

慢性的な弱い外力→いつのまにか骨折、いつのまにかヘルニア(痛くない)
痛みの病名は混乱を極めている。時間的要素を無視していて、痛みの原因を言っているのではなくて、外力によって生じた結果をいっている。



[PR]

# by junk_2004jp | 2018-05-20 01:39 | 痛みの生理学 | Comments(0)
2018年 05月 19日

痛みやしびれを取る医療行為はほとんどがプラシーボなんだろう。


既出のこの2つの動画から分かるように、「痛み・しびれ」は脳が大きく関係しているということで、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性関節症、半月板・椎間板障害、すべり症など、構造異常が痛みの原因だとすることは「昔の失敗した医学」として倉庫に仕舞われることだろう。

痛みはexperience(体験、経験)と定義されているのだから当然のことだ。

急性痛はこれに組織損傷、炎症をプラスしてみればよい。(損傷の治療と痛みの治療は別問題)

プラシーボ効果の動画

「腰椎圧迫骨折のセメント注入手術」効果はニセ手術と変わらない。

過敏性腸炎、パーキンソン:ニセ薬でも症状改善。

鍼治療:ニセの鍼(刺さない)でも効果あり。治療者の言葉が大きく影響。

私が想像するに、トリガーポイント注射も、もやもや血管も、筋膜リリースも、ブラッドパッチも偽物と変わりがないことだろう。信者さんにお叱りを受けるだろうが。

結局、期待する脳、安心する脳が痛みやしびれを取るのだろうと思う。その辺が術者の力量だ。

手かざしやホメオパシーでもある人にとっては効果が期待できる。神霊手術でさえ。といってもこれらは犯罪になる可能性あり。

なかでも大掛かりな手術がもっとも華やかなプラシーボとなる。

しかし、「神経が押さえられているから痛いのだ。」「軟骨が減っているから痛いのだ。」という間違った情報を与えている(ノーシーボ)。このことは非難されるべき。

手術というケガをさせるのだから裏目にでれば一層わるくなる。

費用がかかる。

再発したとき、簡単に再び手術となると、次第に悪化することが多い。

このような観点から手術というプラシーボを選択するのはよくない。

認知行動療法も言うのは簡単だが、必ずしも効果があるとは限らない。痛みのため不可能なこともある。専門医が指導するのと、素人が指導するのと効果が違うかもしれない。これもプラシーボなのか。






“倫理上の理由により、偽手術については依然として異論があるが、我々は、この手術法[すなわち脊椎固定術]について偽手術を取り入れた無作為研究が正当化されると考えている。なぜなら、生命を脅かす疾患のために行う手術ではなく、主要な臨床アウトカムは主観的であり、合併症の発生率が高いからである”と博士らは述べている。

膝関節鏡手術群と偽手術対照群

外科手術に関する最近のプラセボ対照研究はほとんどない。しかし実施された少数の研究は大反響を引き起こした。

J. Bruce Moseley博士らによる2002年のプラセボ対照外科研究は、膝の変形性関節症の治療に大きな影響を与えた(Moseley et al.,2002を参照)。同研究において、膝の関節鏡手術を受けた患者と偽手術(切開のみ)を受けた患者の症状軽減の程度は同様であった。結果として、第三者費用支払人は、膝変形性関節症に対するこの一般的な治療費を保険で補償することを渋るようになった。



  1. 態度、言葉は医師の有する最も重要な手段である。その重要性を認識して賢明な使い方が出来るようになりなさい。医師は役者でなければならない。相手、場合によって態度、言葉を変更する必要がある。
  2. 患者は病気の治療に来るとともに安心を求めに来る。病院は安心を売る商売である。

「プラシーボを最大限に利用しなさい」という教え


[PR]

# by junk_2004jp | 2018-05-19 03:12 | Comments(0)
2018年 05月 17日

稀勢の里の痛み


2017年3月に受傷だからもう1年以上たっている。

慢性痛:3ヶ月以上続く痛み。痛み系そのものの不具合(中枢性の痛覚過敏)。

ビデオをみると大胸筋のあたりを傷めたようだ。断裂、部分断裂?微小損傷?

3ヶ月もするとどんな筋肉の損傷でも治癒するが、痛も治るという保証はない。

CRPStype1

心理・社会的疼痛症候群:横綱としての責任も痛みが続いているのに関係しているかもしれない。

私なら受傷直後から数日間、痛みの強い部分に局所麻酔をうつ。そうすることによって痛みの悪循環は阻止され、慢性痛になる可能性は少なくなると思う。損傷の回復にもいい影響がある。

私の孫はバスケ部だが、足首を捻挫してしばらくギプスを巻いていたが(他院で)ギプスをはずしたあと、下腿にシンスプリント様の痛みがあった。局所麻酔の注射で改善した。

先取り鎮痛

全身麻酔で手術する時でさえ、切開する部分に局所麻酔を打つことを先取り鎮痛という。

これは術後に慢性痛になるのを防ぐため。全麻は脳が眠っているだけで痛みの信号は脳に入力されている。局麻はそれを防ぐ。

手術が唯一確実に予測できるケガ。


[PR]

# by junk_2004jp | 2018-05-17 22:21 | 慢性痛 | Comments(0)
2018年 05月 16日

The Power of the Plasebo


The Power of the Nosebo

ノーシーボとはプラシーボの逆。「医師によってかけられた呪い」これは大きいですよ!

典型例が椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、変形性関節症など整形外科的疼痛疾患

❌神経が押さえられているから痛い。

❌軟骨が減っているから痛い。

これらは生理学的に正しくありません。

生理学的に正しいのなら、ノーシーボとまではいいませんが。

脊柱管狭窄症は私が医師になったころはそのような病名はありませんでした。

線維筋痛症という病名もありませんでした。まるで流行病のように最近増えています。レッテル張りをすることによる弊害があるのかもしれませんね。また、治らない難病というレッテルも怖いですね。

デパスなどのベンゾ系のネガティブキャンペーンも本当かいなと思います。

b0052170_02452618.png
医師が少なくMRIがなかったころの日本人は強かった!?

慢性の痛みは今日のビデオでもまた先日の「ガッテン」でも分かるように、脳の活動によるものというのが最近の常識となりつつあります。







[PR]

# by junk_2004jp | 2018-05-16 02:34 | Comments(0)
2018年 05月 15日

プラシーボの威力

b0052170_02475414.jpg
NHKで放映したのを見た。もうだいぶ以前のこと。録画しなかったのが残念。

「ニセ手術」をすると告げていても効果があった。

偽薬と宣言して商売している例もある。




写真は「酸素」を吸っていると思わせる実験で、実際は酸素ではない無害な気体を与えている。それでも生理学的数値が改善した。

自転車競技のタイムアップにニセ薬を利用して大きな効果をあげている。

医療においても、害にならないのならこれを使わない手はない。

痛みの治療はどんな治療でもプラシーボ効果抜きには考えられない。特に手技はそうなのだ。

痛みの伝達を阻害する薬剤についてもプラシーボ要素はある。

タイの神霊手術でクギや糸を患部から取り出し、たくさんの患者がよくなるのをTVでみた。日本では犯罪になるし、またこのような行為に引っかかる人はいないと思う。たぶん集団催眠のような状態になるのだろう。

「ヘルニアを取って見せる、筋膜の重なり?を取って見せる、もやもや血管を取って見せる」⚪️⚪️が痛みの原因だと信じ込ませそれを除去するという方法は効果的なのだろう。

脳脊髄液減少症のブラッドパッチもどうなのかな。劇的によくなる人もいるが全く効かない人もいる。なかには取り返しのつかないほど悪化したケースを知っている。

こういうことを言うと信じている人に袋叩きにあうのだが。

もちろん私のしている医療行為にもプラシーボ的要素はある。

医者はマジシャン的要素を持っている。

ヘルニア手術は引田天功のマジックのようだ。大掛かりな舞台装置、鮮やかな結果。費用はかかる。危険を伴う。

AKAはマギー司郎のマジックのようだ。危険を伴わないし、それでよくなるのならメクジラをたてることもない。

先日AKAをやったが効かないという人がいた。「高かったでしょ」「いいえ250円ほど」「そんな安いんじゃ効かないわw」ある程度高価でないとありがたみがない。

ミスターマリック、ゼンジー北京、セロいろんなマジシャンがいるが、〜と思い込ませる仕込みが必要なわけだ。

ヘルニア手術のような危険を伴うものはいかがなものか。また、再発に対しても対応が問題となる。

保険診療ということは気がかりだ。

生理学的に正しいとはいえないことを告げて患者の扁桃体を興奮させてそれを解決して見せるという手の込んだワザだ。

鍼や指圧は反射を利用しているわけでプラシーボではないが、プラシーボ的要素はもちろんある。

同じ行為でも、新人がやるのと有名ベテランがやるのとでは効果は違うだろう。それも含めてワザのうちだ。



[PR]

# by junk_2004jp | 2018-05-15 03:37 | 痛みの生理学 | Comments(0)
2018年 05月 14日

側坐核にご褒美を!

3ヶ月以上続く痛みを慢性痛といいます。2300万人いると言われています。

扁桃体が盛んに活動している。側坐核が活動していない。(中枢性感作:中枢の痛覚過敏症)

痛覚系そのものの不調、不具合です。例えるなら火災報知器の過敏になった状態を想像してください。

悪性腫瘍、感染症、リウマチ系・痛風系は除外します。
b0052170_13054205.jpg


本当にあったヘタな医者の話

Aさんは一日中草むしりをした。次の日から腰が痛くなった。病院にいって、レントゲンを撮る。
医師は「すべり症があり、これは一生治らない。」といった。以来、腰痛が続いている。
両側の腸腰筋に圧痛があり、その部分をトリガーポイント注射をすると、痛みはとれた。
草むしりをする姿勢で腸腰筋に無理がかかったのだ。

Bさんは旅行にいってより膝が痛くなった。病院にいってレントゲンを撮る。
医師は「軟骨がすり減っています。」といってヒアルロン酸注射をしたがよくならない。
旅行で長時間バスに座っていたからか、階段の登り降りで内側広筋などを傷めたかで痛みが起きたのです。軟骨は関係ありません。

ヘタな医者は上記のような説明をします。それは扁桃体の活動を強める可能性があり、慢性化する可能性があるのです。

医者が増え、レントゲンやMRIが増えると痛み患者もふえ続ける。こんなパラドックスが考えられます。

医者の教育に問題があるのです。

手術でよくなることがあるのはまさにプラセボなのです。

プラセボだとわかっていても効果があるそうです。

慢性痛の治療にはプラセボがとても効果があるとさえいわれます。

名医、神の手と言われる人はその技術よりも話術、信頼感、態度などが優れているのでしょう。

これは40年前、私の指導医・山田浩先生の教えです。このころはまだ「痛みの定義」はありません、また痛みの生理学は暗黒の時代でなにもわかっていなかったのです。

しかし、いまでも理にかなっていて十分通用する重要なことです。


  1. 臨床的証拠がないからといって病気が存在しないという証拠にならない。患者の訴えは正しいものである。医学的にあり得ないと考えずに訴えに耳を傾けること。患者は全身で24時間疾病と対決している。
  2. あなたが診ようが診まいが、ほとんどの外来患者の病気は治癒するものである。病人が治るのを邪魔しないのが良い医師である。
  3. 態度、言葉は医師の有する最も重要な手段である。その重要性を認識して賢明な使い方が出来るようになりなさい。医師は役者でなければならない。相手、場合によって態度、言葉を変更する必要がある。
  4. 他のことをしながら患者の話を聴いてはならない。患者が話している最中に病室から出てはならない。患者は常に自分のことに100%関心を持って欲しいと願っている。患者は病気の治療に来るとともに安心を求めに来る。病院は安心を売る商売である。
  5. 患者を好きになる必要はないが、好きになれば役立つことが多い。親切にすることが最大の医療の補助になる。
  6. 痛みはいかなる時も速かに止めること。医療では完壁よりも急を尊ぶ場合が多い。


[PR]

# by junk_2004jp | 2018-05-14 13:45 | 慢性痛 | Comments(0)
2018年 05月 12日

大学整形は未だに30年前の理論、恥ずかしい

1980年中頃、痛みの生理学は爆発的発展をしたということだ。

1986年に「痛みの定義」ができた。

それ以前は痛みに関しては暗黒の時代だったわけだ。

臨床に影響を及ぼし始めたのはその10年後、1997年ごろからで、オーストラリアや英国が先陣を切った。


このような情報は同時に日本にも流れ始めた。

我が家にインターネットが来たのは2000年。

私がHPを作り始めたのが2001年。

b0052170_02580979.jpg

戸澤洋二さん(医療に関係のない患者さん)がこの本を書いたのが2007年。

彼は私のHPからヒントを得て自分で治療計画を立て治療に成功した。

トリガーポイントブロック+模型飛行機操縦(認知行動療法)

b0052170_03043596.jpg
戸澤さんのご縁で私がこの本を書いたのが2009年

2016年の「みんなの家庭の医学」に出ている患者さんは当院に入院していた患者さん。

トリガーポイントブロック+サインバルタ+子犬(認知行動療法)

ビデオ34分ごろから

===================
症例


Aさんはある日、急にクビが痛くなり、腕がしびれて力が入らなくなった。

救急車で大学病院へ。

頚椎症性神経根症、椎間板が狭くなっていて、骨棘が神経にさわっているため。という診断。

ステロイドの点滴などをして少し改善。

復職したところ再び症状がでた。

違う大学病院を受診したところ、門前払。(大学病院で診ているのだからという理由)

Aさんはなぜ症状が強弱するのか不思議に思い質問するも回答は曖昧だった。

自分でネットで調べて当院のHPにたどり着いた。

心理社会的疼痛症候群、筋筋膜性疼痛症候群だ。

FaceBookのお友達に代替治療家、民間治療家が何人もいるが、みなさん勉強していて大学病院の専門医よりよほどまとも。

大学は未だに30年前の暗黒の時代なのか。

この例だけではない。本当にひどいものだ。

大学で脊柱管狭窄症の手術をして車椅子の人を2人診ているが二人とも車椅子を使わなくてもよくなった。

大学は新しい医学を研究して、開業医を指導する立場でないのか。

素人>>大学、なぜこのような現象が起きたのか。

多くの関連病院や開業医も右へ倣え状態。

権威ある学者は自説を変えられない。

だれも非難しない。奇人変人扱いされたくない。仲間はずれにされたくない。

この本は私の知人が書いたもの。「手術は成功、しかし、痛みは消えない」


b0052170_04040839.jpg




[PR]

# by junk_2004jp | 2018-05-12 03:36 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)