心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 483 )


2019年 01月 03日

変形性関節症まとめ


b0052170_17391279.jpg

詳しくは下のリンクをみてください

b0052170_19445359.jpg



b0052170_19543529.jpg




by junk_2004jp | 2019-01-03 19:25 | Comments(0)
2018年 12月 11日

MRIを撮って不幸になる?




すぐに検査をしたがる事情とは

通院のたびにいつも同じ検査ばかり受けている人はいないだろうか。もしかしたら、少しでも稼いでおきたい医師の思う壺かもしれないと警告するのは、オンラインで病気治療の相談や情報発信を行う「eクリニック」代表の岡本裕医師だ。
たとえばMRIを購入しようとすれば、億単位で費用がかかります。その採算をとるために考えることはひとつ。どうしても、すぐに検査を勧めようとしてしまうでしょう。」
MRIは維持費もかかり、1日10人以上は検査しなければ採算が合わないそうだ。検査好きの日本人は、医療についてのコスト意識が薄いが、病院の質を判断するには、診療報酬の仕組みを大雑把にでも知っておくことは大切だ。
「診療報酬ではMRI検査やCT検査は撮影料、診断料、管理料などさまざまな加算があります。一方で、生活指導や食事指導ばかりしていては、点数が低く経営が苦しくなります。また、以前は薬が収益源でしたが、今は外部薬局の利用が推進されていて難しくなっており、検査で稼ぐしかない状況です。」(岡本氏)
日本は海外に比べて検査機器が多く、診断技術が進んでいるといわれる。岡本氏は「まずは検査を受ける前に、検査の目的や使われる装置の特徴を知ること」という。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
b0052170_16543346.jpg

日本はずば抜けて多い

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

整形外科領域でMRIやCTが必要な時はほとんどない。悪性腫瘍、感染症、リウマチ、骨折の全体像などの時、脊髄麻痺、馬尾症候群(麻痺性疾患)に必要なことがある。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、半月板障害、軟骨障害、肩板障害などは中高年の健常人でも半数以上にみられ、これらが慢性痛の原因になることはないが、MRIなどの検査で見つかると医師は「それが原因で痛いのだ。しびれるのだ。」という診断をするものだ。

それから始まる無意味な治療でよくなることは少ない。手術までいくことも少なくない。手術をしても儀式的効果ぐらいなものだ。

ひとつ症例を述べる。

20歳代、女性、2ヶ月前より、右臀部〜大腿後面に電気が走るような痛みで歩行困難、座位困難。総合病院でMRIを撮り、椎間板ヘルニア5/Sとの診断を受ける。

通勤時、歩けなくなる時もあるし、座る時、立つ時、立ってしばらくしても、筋肉がグググっとねじれるような息できないほどの痛みがお尻〜右の腰あたりに走り、右ふくらはぎもつりそうになる。

総合病院に通ってるが、なぜ右が痛いのかわからないね〜 の一言でおわり、様子見る感じで、と薬だけもらいに行く。薬の服用でも痛みが改善されず悪化する一方だったために造影剤を使ったブロック注射をする。

ブロック注射をしてからその日と次の日は歩幅が狭い感じで歩けず、翌日の仕事(デスクワーク8時間)も痛くて座っていられず5時間ほど立って仕事をする。ブロック注射後、2日目ぐらいから歩けるようにはなったが座ってると痛みがあり、薬が欠かせない状況です。

知人の紹介で私が診察治療する。もちろんMRIやレントゲンは必要なし。触診のみ。右の腸腰筋、臀筋などの筋筋膜性疼痛症候群だ。長時間の座位の人に多い。トリガーポイント注射をする。

今日の帰り道から、おしり〜ふくらはぎまで軽くて、ここ2ヶ月、激痛や痺れが走ってたのがウソみたいです。歩いていて、ヒール履いてる人みると、私またそうやって歩ける日が来るかなとか、私よりもスタスタ歩いてるお年寄りの方みたら泣けてきて、通勤ラッシュは本当にしんどいし仕事は座ってられないしでかなり精神的にもへこんでましたが、気持ちがとっっても前向きになりました!!腸腰筋のマッサージ頑張ります!

総合病院ではいつも4時間は待って、前回はL?に造影剤使うブロック注射うって、効かなかったので次はS1辺りに今度打ちましょうといわれたのですが、混むしめちゃくちゃ痛くて効果もないのでやめようと思います。

神経根に原因があって下肢に痛みやしびれが生じるといういわゆる「神経根性疼痛」は間違っている。

  • 神経根痛説を信じている医師がとても多い。
  • 筋筋膜性疼痛症候群、生物・心理・社会的症候群から診断治療できる医師は極めて少ない。
  • トリガーポイント注射の技術
  • 厚労省は診療報酬の工夫を!!
  • MRI,CTが多すぎる



  • by junk_2004jp | 2018-12-11 16:07 | Comments(3)
    2018年 12月 06日

    痛みのエビデンス?

    [痛 みの定義]   国際疼痛学会   1986年

    An unpleasant sensory and emotional experience associated with actual or potential tissue damage, or described in terms of such damage.

    不快な感覚性・情動性の体験であり、それには組織損傷を伴うものと、そのような損傷があるように表現されるものがある。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    痛みは「体験」と定義されている。

    痛みを治療するということは「他人が体験していることを治療する」ということだ。

    体験談が唯一の手がかりになる。

    体験談をいっぱい収集することだ。

    そこからどう推理していくかだ。

    エビデンスなんてあてにならない。それは聞き取り調査でしかないのだから。聞き取り調査をエビデンスというか?

    骨粗鬆症や血圧のような数値のでる疾患と全く違う。

    支持政党のアンケート調査と同じだ。

    どのような情報に接している人か、質問の仕方は?

    治療者はだれ?

    質問している人はだれ?

    b0052170_22322224.jpg

    これを信じている多くの整形外科医や脊椎外科医はそう診断し患者に説明する。

    その患者にたいしての聞き取り調査なんだろ?

    その結果がこのようなガイドラインができる。

    それが参考になるか?

    b0052170_22324904.jpg


    GABAやセロトニンのレセプターの数も人によって人種によって違うのだろう。

    筋肉の質や量も違いがあるのだろう。

    立場や環境によっても感じ方は違ってくる。






    by junk_2004jp | 2018-12-06 22:59 | Comments(0)
    2018年 12月 03日

    椎間板ヘルニアが原因で痛みやしびれが続くことは絶対にありません。

    2018年9月11日のブログ




    加茂先生
    この度は、先生の治療を受けさせて頂き、自分でもビックリするくらい良くなって帰る事ができました。(家に帰っても痛みはありません♫)本当に感謝の気持でいっぱいです。
    日々『日替わり弁当』の様に、痛みがぶり返したり、先生の治療を受けて良くなったりと、心配性の、取り越し苦労性の私でしたが、先生がしっかり聞いて下さり、触診しながらの確実な注射と、「良くなりますよ!」 「大丈夫ですよ!」と、私の心に寄り添う様にかけて下さったお言葉が、心に響きました。お陰で、痛みが出ても『こんな時もあるわ〜』『きっと治って来るという気持ちを持つ事が、少しずつできるようになって来ました。加茂先生に出会えた事は、私の人生の大きな幸せです。本当にありがとうございました。
    11月に母を看取った後、持病の腰痛が酷くなって、脊髄専門の病院を受診すると、大きくヘルニアが飛び出していて、来週にでも入院、手術と言われました。
    余りにも痛みが酷いので、この痛みが取れるなら手術しようか~。と思いましたが、加茂先生のブログをもう一度読み返すと、筋肉に原因あり、と言われているし、手術してもスッキリ治るかどうかもわからない。何より大好きなダンスが出来なくなるかもしれない~と思うと、リスクのある手術をする前に、加茂先生の診察を受けたいと思いました。
    まず、石川まで行くのが左足に力が入らなくて歩いて行けるのか?と心配しましたが、主人の理解と 沢山の方々に励まして頂いて行く事が出来ました。
    加茂先生の診察、注射をたくさんして頂いて「立ってみて!」と言われて診察台から降りると、スッと立てます! 痛くありません!あんなに酷かったのに信じられない位、それよりも嬉しくて、嬉しくて~。
    その日は、9.000歩という、今までにない位歩く事が出来ました。それから6日間 治療を受けました。加茂先生の注射と大丈夫ですよ!という言葉に救われました。また痛みが出たら、テニスボールで筋肉をほぐしたり、痛みに囚われず、凹まずに 良くなる様に、ダンスがしたい気持ちを持って頑張って行きたいと思います。
    椎間板ヘルニアや坐骨神経痛と言われている痛みは筋痛症(筋筋膜性疼痛症候群)です。

    どんな方法をとっても治る可能性はあります。鍼、マッサージ、薬、指圧・・。

    手術をしても治ることもありますが、プラシーボ効果、全身麻酔効果なのかもしれません。

    私は細い針(30ゲージ)でトリガーポイント注射をしています。

    親の葬式のあとに体調を崩すことがあります。心理・社会的疼痛症候群。


    by junk_2004jp | 2018-12-03 13:56 | Comments(0)
    2018年 11月 24日

    私が治療した3人がTVに

    偶然ですが3例も紹介されたことに誇りに思います。

    いずれの症例も次のようにいわれます。

    • 筋筋膜性疼痛症候群
    • 慢性痛(=神経障害性疼痛)
    • 生物・心理・社会的疼痛症候群
    椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症が痛みの原因にはなりません。

    治療は
    • 不安の除去
    • 除痛
    • 動かすこと

    b0052170_12401409.jpg
    患者さんの投稿。トラマールを使う。




    b0052170_12403219.jpg
    どういう経緯でTVで紹介されたのか?

    b0052170_12404168.jpg
    東京で診ていました。北原先生に紹介しました。




    by junk_2004jp | 2018-11-24 13:02 | Comments(2)
    2018年 11月 23日

    サルコペニア



    痛みが老化と関係があるのならそれはサルコペニアだ。

    私は高校時代、ボールを100mぐらいは投げられた。それも何球も続けて。

    ある日、ゴルフ場でカラスがカートのお菓子を盗んで20〜30m離れた木にとまっていた。

    石を投げつけて脅してやろうとしたが、石はそこまで届かなかった。頭に描いたイメージとは全く違うのだ。

    高齢者が腰や下肢が痛いのはまさにサルコペニアのせいなのだ。

    いっぷくしたら治る(間欠跛行)。当然のことではないか。

    短期的には筋肉をほぐしてやればいい。杖を使えばいい。

    長期的には筋肉の強化だ。これはなかなか困難な事が多い。

    これを脊柱管狭窄のせいだといっている専門医がいまだにいる。

    生理学的にも全く理解できない。

    神経根部の血流が圧迫を受けることが原因だということなのだが、そこから数10cm離れたお尻や大腿、下腿に圧痛点(痛覚が過敏になった点)ができるのか説明できるのか!

    間欠性(休むと回復)→前屈位で休むと血流が回復→痛みがとれる

    手術(除圧)→血流回復→痛みがとれる

    こうならないとおかしいだろう。

    「長く押さえられていたので回復には時間がかかる。」と言い訳するだろう。

    つまり間欠性ではなくて永久性だったと言っている。

    これに騙されて手術をする人が大勢いる。

    人生の豊かなみのりの老後時代をだいなしにされる。

    意味のない手術をして、しばらく安静にしていればサルコペニアは進みますます悪くなる。

    これを専門医と称する人がやっている。

    今年の冬、雪かきをして未だに肩が痛くて困っている人もサルコペニアだ。

    早く治療をしてやればいいものを。

    画像検査をして異常がなければ治療ができない。

    肩板断裂があればそれのせいだと手術をしたり安静を指示したりする。

    今回の外力で生じたのか、以前からあったのかわからない。中高年の健常者でも半数にみられる。

    今回生じたものだとしても、痛みを早くとって軽く動かすことが重要だ。

    それがひいては組織損傷にもいい影響がある。




    by junk_2004jp | 2018-11-23 12:44 | Comments(0)
    2018年 11月 22日

    すべり症が痛みやしびれの原因になることは決してありません

    筋骨格系の痛みのほとんどは筋筋膜性疼痛症候群だ。全身に広がった状態を線維筋痛症という。

    ほとんどというのは「悪性腫瘍、感染症、リウマチ系、痛風系を除く」という意味だ。

    医師はこのことを知らないから治療ができなく、トンチンカンな説明をする。

    筋筋膜性疼痛症候群はケガや慢性的な使いすぎ、長時間の固まった姿勢などによって生じる。

    早いうちに治療すれば比較的簡単に治るが、慢性化すると厄介なことが多い。(中枢性感作)

    治療法は痛い筋肉(攣った筋肉、張った筋肉)に対して行う。

    決められた方法はないが、時間的、金銭的に自分にあった治療を見つけたらいい。

    なぜ痛みが生じるのか?なぜいつまでも続くのか?

    医師から説明を受けて、どの方法を用いて生活するのかは自分で決めることだ。

    皆さんギリギリのところで生活しているのだから。

    手が痛くて、しびれていてハサミを使いにくい理容師、美容師。(前腕の筋筋膜性疼痛)

    包丁を使う時痛い調理師(前腕の筋筋膜性疼痛)

    膝が痛くて階段の昇降に苦労している宅急便のおばちゃん(内側広筋の筋筋膜性疼痛)

    腰が痛いタクシーの運転手(腸腰筋などの筋筋膜性疼痛)

    臀部から下肢にかけて痛い小学校の先生、小学校にはエレベータやエスカレータはない。

    しばらく休養したらいいのは分かりきっているのだがそうもいかないわけだ。使いすぎや固まった姿勢が原因なのだ。

    健康保険を使わないのなら、マッサージ、鍼、灸、カイロ、食塩水を用いたブロック。料金は言い値になる。

    保険を使うのならトリガーポイントブロック、パップ、薬。

    薬を使わないのがいい医者とはかぎらない。なんとか生活を維持しながら治癒にもっていけばいい。

    こんなことに優劣のアンケートをとっても意味がない。人それぞれだから。

    畑仕事が唯一の楽しみのおばあちゃんの膝痛(内側広筋などの筋筋膜性疼痛)

    畑仕事を続けられるようにしてやることだ。

    ゴルフが生きがいの高齢者の腰痛はゴルフができるようにしてやることだ。

    発達障害、アダルトチルドレンなど(不安、こだわり、とらわれ、良い人でいることに疲れる、完全主義)で苦しむ人も森田療法などを受ける時間、費用があるわけではない。適切な1〜2の薬が効果がある場合がある。

    ストレスが大きな要素と分かってもどうにもならない場合が多い。

    医師の欠点

    レントゲンやMRIを撮って画像診断をすること。

    ⚫️すべり症や脊柱管狭窄症が痛みやしびれの原因になることは決してない。

    すべり症があれば必然的に狭窄症もあるわけだ。

    最近40歳代の「すべり症、脊柱管狭窄症」と診断されている人を二人診た。

    2年越しのひと、仰向きに眠れない。

    腸腰筋、臀筋など4箇所のトリガーポイント注射で、すぐに仰向きに眠れるようになった。

    神経根部の血行障害が原因だということで血行改善剤の投与が行われるが効かない。

    間欠跛行、しゃがんで休むと血行が改善してまた歩行が可能となるという理論だが、それでは手術をしたら必ず治るわけだが・・。

    ⚫️今年の冬の雪かきで肩が痛くなり病院へいく。レントゲン、MRI、で異常なし。それでもう治療ができないのだ。

    もうすぐ雪かきの季節になる。

    部位が違うだけで痛みの理論は同じなのだが。

    ⚫️仕事をしているときは気にならないのだが、夜になるとクビが痛くてねむれない・

    「MRIで神経が圧迫を受けている」

    夜だけ圧迫されるの??







    by junk_2004jp | 2018-11-22 17:31 | Comments(0)
    2018年 11月 02日

    コンプライアンスとアドヒアランス

    b0052170_18450560.jpg
    慢性痛は痛みそのものが治療の対象です。

    最近、おとなの発達障害が数パーセントいると言われています。アダルトチルドレンも広い意味ではそうかもしれません。

    発達障害と慢性痛は避けて通れません。痛覚が過敏なんです。発達障害の全てがと言っているのではありません。

    ちょっと違うことが生きにくい、不安、ということでしょうか。

    手術を是非とも避けたいものです。手術(腰や首、膝)をしても良くなることはなく、悪化することが多いのでは。

    利き酒ならぬ、「利き薬」制度があって、「どの薬をどの程度、どの機会に飲むのがちょうどよいか。

    血圧や糖尿の薬は医師の指導したように飲む(コンプライアンス)のに対して、慢性痛の薬はアドヒアランス的なのです。

    たとえば、ゴルフに行く前の日と朝にだけ飲む、旅行に行く時だけ飲む、といった具合です。

    痛み止めはなるべく飲まないという人を説得するほどではないですが、人生をよりハッピーに過ごす選択肢を制限しなくてもよいと思います。

    医療費負担もタイヘンですし。




    by junk_2004jp | 2018-11-02 19:13 | Comments(0)
    2018年 10月 24日

    週刊現代「してはいけない手術 しないほうがよかった手術」

    b0052170_02011257.jpg
    2018/11/3

    b0052170_02125834.jpg


    そもそも腰痛は、手術をしたところであまり効果が期待できないと語るのは加茂整形外科医院院長の加茂淳氏だ。

    「『神経が圧迫を受けているために痛みやしびれが生じる』という考え方自体が間違っています。

    現代医学では、そのような慢性の痛みは、中枢性の痛覚過敏症だと言われています」痛覚過敏症はたとえるなら、火災報知器の故障のようなもの。やたらと火災報知器が過敏になってしまって、タバコに火を点けただけで火災報知器が鳴ってしまう。

    痛覚がそのような状態になったときに、慢性痛が起こるのだ。「ところが、痛みがあって、整形外科に行くと、レントゲンやMRIを撮られてしまいます。

    60代、70代の高齢者のMRIを撮れば、痛みがなく、健康な人でも、60〜70%は脊柱菅が狭くなっていますし、同程度の人がヘルニアだと言われています。

    それで無駄な手術を受けさせられて、症状が悪化してしまうのです。(加茂氏)

    さらに恐ろしいのは予後がよくないために手術を重ねることだ。

    「2回手術をやった人は全身に激しい痛みが生じる線維筋痛症の症状が出ることがあります。手術をすればするほど痛覚が過敏になり、痛みの範囲が広がっていくことがあるのです。

    火事でたとえるならば、最初は一部屋だけのボヤだったのが、火が全体に広がって大火事になってしまうイメージです。」(加茂氏)



    by junk_2004jp | 2018-10-24 02:43 | Comments(0)
    2018年 10月 22日

    手足のしびれ

    b0052170_13331433.jpg
    b0052170_13331051.jpg
    Aさん(80歳代、男性)

    両側の足の甲、手のひら側の指に長年、ジンジンしたしびれが続いています。

    歩きにくい。腰痛もあり。

    2年前、脊柱管狭窄症の手術を受けましたが一向に改善しません。

    私「手の方はどこからきているといわれましたか?」

    A「内科の病気でしょう、ということでした。内科で診てもらいましたが異常なしでした。」

    手術のあとも足のしびれは取れませんでした。

    私「先生はどうおっしゃいましたか?」

    A「手術の結果は1年ぐらいあとに出ます。ということでした。」

    でも1年たっても同じでした。

    A 「受診しました。手術は完全によくなっている。まだ1年ぐらいかかる。といわれました。」

    一向によくなる傾向が見えないので、いろんな病院を受診しました。

    A「治らない、歳のせい、付き合っていくように、などいわれました。」

    私「お風呂のあと少し楽になりませんか?」

    A「はい、少し楽になります。」

    ==================

    しびれはジンジンした感覚で、筋筋膜性疼痛症候群や線維筋痛症の症状です。重い荷物を持っている、鉄棒にぶら下がっている、綱引き、腕相撲のあとなんかに一過性のジンジンした感じがありますね。

    心療内科的には不安、抑うつの症状です。これらは筋筋膜性疼痛症候群や線維筋痛症と同じ範疇の疾患です。

    慢性的な筋肉の緊張がありました。図の❌印のところに強い圧痛がありました。

    数カ所、トリガーポイントブロックをして指をよくうごかしました。

    腸腰筋にも腰の筋肉にも圧痛点がありました。

    Aさんの表情はすぐによくなりました。

    A「少ししびれがとれました。歩きやすいです。

    私「筋肉が凝っているのですよ。きっとよくなりますよ。夜は眠れますか?トイレには何回いきますか?」

    A「眠れません、トイレに数回行きます。」

    脊柱管狭窄症でしびれることはありません。神経を圧迫するとしびれるなんて生理学はありません。

    眠れない、トイレに何回も行くなども同じ範疇です。

    トリプタノールを1錠だしました。


    by junk_2004jp | 2018-10-22 14:06 | Comments(0)