心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 447 )


2018年 05月 24日

しびれを神経症状という医師が多いが間違い


しびれはジンジンした感覚をいうのだが、これを神経圧迫による神経症状だという医師が多い。

間違っている。困ったものだ。

細い静脈のうっ血状態ではないかと思っている。

正座、鉄棒ぶら下がり、綱引き、重いものを長時間持つ、血圧計などの時にしびれを体験する。

筋肉の緊張などにより細静脈が影響を受けるのではないだろうか。


手根管症候群のしびれは手を振ると改善すると言われる。

正中神経の分布領域に一致しているのは静脈と神経が伴走して同じような領域に分布しているからかもしれない。

長年、両下肢のしびれ(すべり症による脊柱管狭窄症と診断されていた)がトリガーポイントブロックで一挙に改善した例がある。

知覚鈍磨〜知覚脱失は神経症状(マヒ)だが、長時間の正座のあとしびれと共に知覚が鈍って感じることがあるので注意。

しびれや痛みを神経症状だという説明は間違っている。

私の診察机の下には5Kg重の鉄アレイがある。これはしびれや痛みの原因を実感してもらうためだ。

b0052170_01413825.jpg
腸腰筋の走行
b0052170_01414613.jpg

緩んだ筋肉と突っ張った筋肉のイメージ
b0052170_01415890.jpg
廊下にビデオ(最近はガッテンを流している)
b0052170_01422237.jpg




[PR]

by junk_2004jp | 2018-05-24 01:35 | Comments(0)
2018年 05月 19日

痛みやしびれを取る医療行為はほとんどがプラシーボなんだろう。


既出のこの2つの動画から分かるように、「痛み・しびれ」は脳が大きく関係しているということで、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性関節症、半月板・椎間板障害、すべり症など、構造異常が痛みの原因だとすることは「昔の失敗した医学」として倉庫に仕舞われることだろう。

痛みはexperience(体験、経験)と定義されているのだから当然のことだ。

急性痛はこれに組織損傷、炎症をプラスしてみればよい。(損傷の治療と痛みの治療は別問題)

プラシーボ効果の動画

「腰椎圧迫骨折のセメント注入手術」効果はニセ手術と変わらない。

過敏性腸炎、パーキンソン:ニセ薬でも症状改善。

鍼治療:ニセの鍼(刺さない)でも効果あり。治療者の言葉が大きく影響。

私が想像するに、トリガーポイント注射も、もやもや血管も、筋膜リリースも、ブラッドパッチも偽物と変わりがないことだろう。信者さんにお叱りを受けるだろうが。

結局、期待する脳、安心する脳が痛みやしびれを取るのだろうと思う。その辺が術者の力量だ。

手かざしやホメオパシーでもある人にとっては効果が期待できる。神霊手術でさえ。といってもこれらは犯罪になる可能性あり。

なかでも大掛かりな手術がもっとも華やかなプラシーボとなる。

しかし、「神経が押さえられているから痛いのだ。」「軟骨が減っているから痛いのだ。」という間違った情報を与えている(ノーシーボ)。このことは非難されるべき。

手術というケガをさせるのだから裏目にでれば一層わるくなる。

費用がかかる。

再発したとき、簡単に再び手術となると、次第に悪化することが多い。

このような観点から手術というプラシーボを選択するのはよくない。

認知行動療法も言うのは簡単だが、必ずしも効果があるとは限らない。痛みのため不可能なこともある。専門医が指導するのと、素人が指導するのと効果が違うかもしれない。これもプラシーボなのか。






“倫理上の理由により、偽手術については依然として異論があるが、我々は、この手術法[すなわち脊椎固定術]について偽手術を取り入れた無作為研究が正当化されると考えている。なぜなら、生命を脅かす疾患のために行う手術ではなく、主要な臨床アウトカムは主観的であり、合併症の発生率が高いからである”と博士らは述べている。

膝関節鏡手術群と偽手術対照群

外科手術に関する最近のプラセボ対照研究はほとんどない。しかし実施された少数の研究は大反響を引き起こした。

J. Bruce Moseley博士らによる2002年のプラセボ対照外科研究は、膝の変形性関節症の治療に大きな影響を与えた(Moseley et al.,2002を参照)。同研究において、膝の関節鏡手術を受けた患者と偽手術(切開のみ)を受けた患者の症状軽減の程度は同様であった。結果として、第三者費用支払人は、膝変形性関節症に対するこの一般的な治療費を保険で補償することを渋るようになった。



  1. 態度、言葉は医師の有する最も重要な手段である。その重要性を認識して賢明な使い方が出来るようになりなさい。医師は役者でなければならない。相手、場合によって態度、言葉を変更する必要がある。
  2. 患者は病気の治療に来るとともに安心を求めに来る。病院は安心を売る商売である。

「プラシーボを最大限に利用しなさい」という教え


[PR]

by junk_2004jp | 2018-05-19 03:12 | Comments(0)
2018年 05月 16日

The Power of the Plasebo


The Power of the Nosebo

ノーシーボとはプラシーボの逆。「医師によってかけられた呪い」これは大きいですよ!

典型例が椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、変形性関節症など整形外科的疼痛疾患

❌神経が押さえられているから痛い。

❌軟骨が減っているから痛い。

これらは生理学的に正しくありません。

生理学的に正しいのなら、ノーシーボとまではいいませんが。

脊柱管狭窄症は私が医師になったころはそのような病名はありませんでした。

線維筋痛症という病名もありませんでした。まるで流行病のように最近増えています。レッテル張りをすることによる弊害があるのかもしれませんね。また、治らない難病というレッテルも怖いですね。

デパスなどのベンゾ系のネガティブキャンペーンも本当かいなと思います。

b0052170_02452618.png
医師が少なくMRIがなかったころの日本人は強かった!?

慢性の痛みは今日のビデオでもまた先日の「ガッテン」でも分かるように、脳の活動によるものというのが最近の常識となりつつあります。







[PR]

by junk_2004jp | 2018-05-16 02:34 | Comments(0)
2018年 05月 10日

痛みに関して、現状では整形外科や脊椎外科に診てもらわないほうがいいかな

痛み疾患に関して、医師に診てもらうのは注意をするべきです。

特異的疾患:「痛みを伴うことのある特殊な疾患:悪性腫瘍、感染症、リウマチ系・痛風系」これらを除外するということは医師には可能です。

「骨折、腱や靭帯や筋の断裂」と痛みは別の問題です。

「修復すべき組織損傷の有無」の判断と痛みは別の治療と考えたらいいです。

健常人でも普通にみられるものとして「椎間板ヘルニア、半月板損傷、肩板損傷」これらは慢性の痛みの原因になることはありませんので組織損傷に関しては放置が正解です。痛みの治療だけでいい。

「神経が圧迫されて痛い(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)」こんなことをいう医師は痛みに関して正しい知識がないのです。

あの有名な専門医がと思うでしょうが、これが現実です。

「マイクのコードをふんずけていたら音が出た」と言っているのと同じです。全く非科学的です。

手術をしてよくなることのあるのは「儀式的効果、神霊手術的効果、プラセボ効果」です。

効果があっても長続きすることは少ないようです。また痛くなる。

このようなことにMRIやレントゲンを何度も撮り、手術をするのは馬鹿げています。医療費の無駄使いです。

これが保険診療で行われているのですから驚きです。

「軟骨がすり減っているから痛い」「椎間板が潰れているから痛い」「すべり症があるから痛い」これらも間違いです。

そういうことで痛みはおこりません。

画像を見せてこのような説明をすることは扁桃体を刺激してますます痛みの悪化につながります。医療費をかけて悪化させているのです。

医師の個人的な問題というよりも、痛みに関して暗黒の時代だったのです。

1985年ごろより痛みの生理学が爆発的に発展しました。日本は遅れているのです。未だに暗黒の時代にいるのですから。



[PR]

by junk_2004jp | 2018-05-10 02:39 | Comments(0)
2018年 04月 26日

5月9日NHK ガッテン・見るべし!



2018年5月9日(水)午後7時30分
再放送 2018年5月12日(土)

肩や腰、膝など、なぜか長引く痛みを抱える皆さんに朗報です!
実はいま、厄介な痛みを根本から解決するために注目されているのが、「脳」への働きかけ。
痛みを感じる大もとに働きかける「ある行動」を行うと、これまでの方法ではなかなか改善しなかった頑固な痛みが、大幅に改善することが分かってきました。
この方法は世界中の医療機関ですすめられ、痛み止めの薬に匹敵する効果が期待できるとして、注目されています。体の様々な痛みとサヨナラするための最新対策を徹底紹介します!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「変形性関節症」「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」などという構造診断は脳に悪影響を与えていたのです。

専門医に尤もらしく説明を受け画像で見せられることが慢性化の大きな原因だった。皮肉なことですね。

慢性痛は痛覚系の過敏状態です。

慢性化する前に痛みを取ることは大切です。



[PR]

by junk_2004jp | 2018-04-26 02:06 | Comments(0)
2018年 04月 17日

痛みが神経質にさせるのか、医者が神経質にさせるのか、神経質が痛みを長引かすのか、

先月、診て頂いた膝痛。いつのまにか、治っています。

関節の動きが悪い、骨がゴリゴリ接触しているような気がしたのですが。先生に「それはイメージや」と言われ、筋肉の伸ばし方を教えて頂き、素直な私は、脳内チェンジ。

気にせず楽しく犬と散歩の毎日👍

もう、全然痛くありません。テレビのあの膝関節が、すれる痛みイラスト。あれ、いけませんね国民皆洗脳されていますよ。筋筋膜疼痛症候群を知る私のはずが、引っかかるところでした。

変形性関節症、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症、分離症、神経根症、「半月板、椎間板、腱板の障害」などの病名で悩んでいる方に

その痛みは「筋筋膜性疼痛症候群」といいます。簡単にいうと筋痛症です。

痛みは悪循環することがあり、長引くと「中枢性の痛覚過敏」になることがあります。

病院(医師)は安心を売る仕事だったのですが、画像検査の発達により、見えなくてもいいものまで見えてしまい、今では「恐怖を売る商売」と化してしまったようです。

画像検査は骨折、悪性腫瘍、リウマチ、感染症などの検査には有用ですがそれ以外は不要です。



[PR]

by junk_2004jp | 2018-04-17 03:10 | Comments(1)
2018年 04月 12日

筋骨格系の痛み疾患のモデルチェンジを!

筋骨格系の痛み疾患のモデルチェンジを!

「損傷モデル」を信じている医師がとても多い。MRIの普及。皆保険で低料金で診察を受けられる。これだけ条件が整えば痛みに悩む患者はもっと増えるものと思われる。

「損傷モデル」とは、①「神経が圧迫を受けると痛みやしびれが生じる」②「老化した、傷んだ軟骨や半月板、椎間板、腱板などは痛みの原因となる」という考え方だ。

①は具体的には椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間孔狭窄症、神経根症などの病名がある。②は変形性関節症、椎間板症、すべり症、分離症、半月板障害、腱板断裂などの病名がある。

①②ともに生理学的にはそれを証明する説はない。また健常人でもそのような変化は普通に見られる。臨床経過もそれを裏付けるものではない。手術成績は決してよくない。

「損傷モデル」の欠点は、患者に不安を与え、なるべく動かさないようになってしまうことだ。このことは治療に大きなマイナスとなる。

医師は画像を見て診断するためレントゲンやMRIなどの画像に異常が見つからないと治療できないということになってしまう。あるいは「心因性」などということになる。

「筋痛症モデル」+「心理・社会的モデル」にシフトすべきだ。

急性期の組織損傷がある場合でも、組織損傷の治療と痛みの治療は別のものと考えればよい。

***************

当院にはセカンドオピニォンや治療を受けているが一向によくならない患者さんがたくさん来られる。

手術で有名な病院での診断で、おったまげるようなものがある。

たとえば、こんなのとか

「将棋の試合の帰りに車の中で急にふくらはぎが痛くなった。」「ヘルニアが神経に絡みついている。」

「10日前より急に腰から下肢にかけて痛みが出てきて夜も眠れない。」「脊柱管狭窄症だ」

痛みのメカニズムを3時間、心身医学を3時間、臨床実習を10時間程度学習してメスをもつことだ。

厚労省はデパスやパップ剤の制限も重要かもしれないが、本腰を入れてこの問題に取り込むべきだ。

また、労災や交通事故とも関係する。多くの医師の診断は疑わしいわけだ。




[PR]

by junk_2004jp | 2018-04-12 22:54 | Comments(0)
2018年 03月 25日

痛みの「損傷モデル(damage model)」の終焉

軟骨が減っているから痛い。

壊死があるから痛い。

半月板が傷んでいるから痛い。

椎間板が狭くなっているから痛い。

ヘルニアや脊柱管狭窄が神経を押しているから痛い(しびれる)。

腱板が切れているから痛い。

分離症、すべり症があるから痛い。

これらは病院へいくとMRIやレントゲン検査を受けてよくいわれますね。

このような説を「損傷モデル」に基づくと呼ぶことにします。

このような変化は健常人でもごく普通に見られます。

異常がなければ「どこも悪くない」「気のせい(心因性)」などと言われることもあります。

痛みの生理学的にも間違っています。

専門医でさえ間違っているのです。これは伝統的な医学教育の問題だと思います。最近は少しずつ改善しているようですが。

専門医に損傷モデルのレッテルを貼られてしまうと、一生それがつきまといますます悪化してしまうものです。

動作恐怖がつきまとい動くことが少なくなる。これがとても悪影響を及ぼします。

思い切って手術をしたが・・・

「手術は成功、しかし患者はよくならず・・・」このようなことは巷に溢れています。

時に、次の日にもう杖なしで普通に歩かれる、というようなことが起こることがあります。YOU TUBE でみられます。

このような反応は心霊手術の反応とそっくりなのです。つまり儀式的効果、プラセボ効果なのです。

プラセボ効果でもいいというならそれも治療の手段ですが、一生それが続くことは極めて稀で、再発することが多いものです。再手術を繰り返すうちに・・・。

痛みの治療はプラセボ抜きには考えられませんが、ノーシボを与えておいてのプラセボはいかがなものでしょうか。

プラセボを保険診療でというのも気になるところでしょうね。

そして次の名医を求めて患者さんは手術を繰り返す。

何よりも生理学的に間違っていることを患者に告げていることに問題があります。

オーストラリア、イギリスは国をあげてこの問題の解決に乗り出しています。

2001年 オーストラリア


スコットランド


諸外国もこのような傾向にあると聞きます。

だめなのはアメリカと日本らしいんです。

アメリカは銃規制も困難なお国柄・・・利害の対立、ロビー活動、自由診療

日本はアメリカに追従することはありません。

英国在住の知人から送られてきました。



痛みのメカニズムは次の図で端的に表現されます。私作なんですが。

b0052170_12151134.jpg

⭕️やりすぎやケガで痛みを感じるのですが、痛いと感じるとまた痛みが生じます(痛みの悪循環)

⭕️痛みの悪循環の原因は筋肉の緊張、交感神経の緊張です。平たくいうと筋痛です。

⭕️この筋痛が中枢性感作(中枢性痛覚過敏、可塑的変化)を起こしやすいと言われています。炎症性疼痛よりも。

⭕️悪性腫瘍、感染症、リウマチ・痛風系を除外します(画像診断、血液診断)。線維筋痛症、筋筋膜性疼痛症候群は除外診断はありません。リウマチ+MPS、リウマチ+FM、悪性腫瘍+MPS、FM、

⭕️構造の治療と痛みの治療は別問題。骨折の治療と痛みの治療は別のことです。構造が治れば痛みも治るということではありません。その逆もあります。骨はつかなかったが(仮関節)痛みはない、ということもあります。

⭕️3ヶ月以上続く痛みを慢性痛といい、痛みそのものが治療の対象です。(=筋痛=神経障害性疼痛=神経可塑性疼痛)

⭕️損傷モデルに代わって「生物・心理・社会的疼痛モデル」(bio-psycho-scial)ですが、筋痛症モデルでもいいと思います。

⭕️痛みは状況、状態によって変化しますから心身症の範疇です。リウマチも当然心身症です。心身症という言葉には誤解がつきまといます。

⭕️損傷モデルに「虫歯」をあげて反論があります。

「虫歯」を考える時「褥瘡」を対比したらいいです。

虫歯や褥瘡があっても痛いとはかぎません。

虫歯や褥瘡は感染しやすい。感染した虫歯や褥瘡は感染症としての痛みです。

虫歯や褥瘡は痛覚神経が外界に顔を出しているので痛覚過敏になっているのです。




[PR]

by junk_2004jp | 2018-03-25 12:18 | Comments(0)
2018年 03月 21日

「神経障害性疼痛」の誤解

「神経障害性疼痛」を椎間板や脊柱管が神経を圧迫して障害したために起きた痛みと誤解している医師がいる。

痛みの定義

不快な感覚性・情動性の体験であり、それには①組織損傷を伴うものと、②そのような損傷があるように表現されるものがある。

①組織損傷を伴うもの

急性痛=炎症性疼痛=侵害受容性疼痛

リウマチは炎症性疼痛(急性痛)が止まらず続いているもの

②そのような組織損傷があるように表現されるもの(組織損傷がないのに)

慢性痛=神経障害性疼痛=神経可塑性疼痛=心因性疼痛

神経障害性疼痛は誤解している専門医がいるので神経可塑性疼痛の方がいいのではないか。

痛みは悪循環を繰り返し、脳脊髄に痛みの電気信号が入力され続けると次のようなことが生じると生理学で知られている。

⑴ 下行性疼痛抑制系の機能低下(ブレーキの故障)
⑵ 時間的加算 (痛みの増強)
⑶ 長期増強 (痛みの記憶、学習)
⑷ 空間的加算(痛みが広がる)

組織損傷は3ヶ月もすれば治癒する(完全に修復されなくても断端が閉鎖すればよい)。3ヶ月以上続く痛みを慢性痛=神経障害性疼痛といっている。

強い痛みならすぐにでも神経障害性疼痛になるといわれている。

不安障害やある種の精神科的疾患がある時は当初から慢性痛のような痛みとなることがある。

日本には2300万人の神経障害性疼痛を有する人がいるわけだ。

b0052170_10441243.jpg

b0052170_10440872.jpg
もちろん、世界標準が正解だ。

侵害受容性疼痛(急性痛)と神経障害性疼痛(慢性痛)の重なった部分は「混合性疼痛」という。

急性痛と慢性痛の回路は交通しているので実際は混合性疼痛が多いのではないかと思う。

b0052170_10493551.jpg

「Explain pain supercharged」より

最近の慢性痛の話題は脳の痛覚過敏の改善の話題に集中している。

図で「DIMs」はDanger In Me=危険信号、「SIMs」はSafe In Me=安心信号

医師を受診してレントゲンやMRIを撮り不安を煽られればますますバランスが崩れ痛みの永続化になる。

医師の指摘が本当に痛みの原因でもないのに関わらずだ!

2月20日にClubism という雑誌に私が紹介されたが1ヶ月間に「これだ!」と思って来院された方が4人いる。

皆さんに聞いたわけでもないのでもっといるかもしれないのだが。

4人とも経過はいい。

「神経が圧迫されたことが痛みの原因というお医者さんがいまだにいらっしゃいますが、神経は圧迫されたぐらいでは何も起こりません。」と書いてあります。

この事実だけでも知れ渡れば医療費も削減し、痛みに悩む人も減少するでしょう。

b0052170_01512486.jpg


[PR]

by junk_2004jp | 2018-03-21 11:07 | Comments(0)
2018年 03月 17日

英国の病院に貼られていたポスター

英国にいる知人が病院に貼られていたポスターを送ってくれた。

下のリンクはコメント欄で知らせてくださいましたので後で追加しました。




b0052170_00210521.jpg

b0052170_23031440.jpg
b0052170_00211210.jpg

BACK PAIN
MYTH BUSTERS

腰痛神話の崩壊

腰痛神話#1

Moving will make my back pain worse
動くと腰痛が悪化する。


腰痛神話#2

I should avoid exercise,especially weight training.
特にウェートトレーニングは避けるべきだ。

腰痛神話#3

A scan will show me exactly what is wrong.
MRIで痛みの原因がわかる。

腰痛神話#4

Pain equals damage
痛みは損傷(痛みの損傷モデル)

=======================================

日本の大学病院でもこのようなポスターが貼られる日がくるように。

脊柱管狭窄、椎間板ヘルニア、すべり症、分離症、椎間板症、椎間関節症、神経根症などの言葉で表現される病名は痛みの原因ではないということです。

つまり今までの痛みの診断は何だったのかということです。

このような痛み・しびれの診断のもとに手術は絶対にしてはいけないということをいっているのです。

線維筋痛症の患者さんを何人も診ていますが頚や腰の手術を複数回行った人が何人もいます。

線維筋痛症とまではいかなくても慢性痛の患者さんの中にヘルニアなどの手術をした人はいっぱいいます。

腰だけではありません。

頚も肩も膝も股関節も同じことです。

痛みは「主観的な体験」と定義されているのですから、手で押さえて過敏になったポイント(患者が痛いと申告するポイント)をさぐるしかありません。

腰痛の場合は腸腰筋は深いので後方からはわかりにくいことがある。前方の鼠径靭帯のあたりでチェック。


[PR]

by junk_2004jp | 2018-03-17 23:23 | Comments(2)