心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2018年 08月 28日

大阪府柔道整復師会 大阪学術大会



加茂氏は〝「神経が圧迫を受けると痛みやしびれが生じる」「老化した関節や変形した骨は痛む」「筋肉痛は放っておいても治る」といった話を聞いたことがないだろうか。これらは全部、根拠のない間違った思い込みだと思う。専門医ですらそう思い込んでいる。近年は慢性痛が話題となっているが、筋膜性疼痛症候群(MPS)にはほとんど触れられていない。なかにはMPSの存在すら信じていない、筋肉の痛みに関して無知な医師も多い。「Pain in Japan 2010」によれば、日本成人のうち約22.5%が慢性疼痛を保有しているとされているが、7割の患者は適切に緩和されていないという。外傷の早期やリウマチ系、痛風などは組織損傷を伴うので、慢性ではなく急性痛が繰り返し起こっていると考えられる〟等述べて、慢性痛や神経障害性疼痛などの定義について解説した。

〝怪我で半月板を損傷したことにより痛みが生じた場合、あくまで怪我が疼痛の原因であり半月板損傷が原因と考えることは間違いである。構造的に治癒していても痛みが残っていては苦痛となってしまうため、痛みの治療が優先されるべきと考える。痛みの生理学は1980年代中頃に急速に進歩した。スコットランドでは腰痛であっても①活動的を保つ、②単純な疼痛緩和を試みる、③必要であればアドバイスを求める、ということが提唱されている。また、British journal of sports medicineは変形性関節症には運動療法を行うことで、短期間で良好な結果が得られたとしている。オランダの調査ではヘルニアは手術をしてもしなくても、1年後の結果は同じであると報告されている〟等、様々な文献や研究データを示しながら、組織損傷の治療と痛みの治療は別のものだと主張。痛みの発生機序等についても図解し、分かりやすく説明した。

最後に〝患者の訴えは正しいものだと考えること。医学的にあり得ないなどと考えずに耳を傾ける。病院は安心を売る商売である。親切にすることが最大の医療の補助となる。腰痛があっても「一大事だ」と思わせずに「動いていれば大丈夫」と思わせることで回復につながっていく。痛みがあってもまずはやってみること(やればやるほどいいというわけではない)、動くと悪化するという誤解を是正することが大切である〟と纏めた。



[PR]

by junk_2004jp | 2018-08-28 20:18 | Comments(0)
2018年 08月 27日

予防医療臨床研究会



予防医療臨床研究会に招かれ2時間、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)についてお話をしてきました。

b0052170_04181321.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2018-08-27 04:18 | MPS | Comments(0)
2018年 08月 21日

「大阪府柔道整復師会 学術大会」でお話をしてきました。

b0052170_12472360.jpg
8月19日 シティプラザ大阪

「神経が圧迫されると痛みやしびれがおきる(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)」は間違い。

「軟骨、半月板、肩板、椎間板が傷んでいるのが痛みの原因」は間違い。

構造の治療と痛みの治療は別問題。早期の痛みの治療は重要。

慢性化、広範囲化すると厄介、中枢性感作(中枢性痛覚過敏)=神経障害性疼痛=慢性痛

脳と筋肉

動かすこと、安心すること、希望を持つこと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

来年の3月には福岡市の柔道整復師会にいってきます。

日本の疼痛治療は遅れているそうです。柔道整復師にもこの問題を研究、議論していただいて、全国が盛り上がればいいですね。そのお手伝いをさせていただきます。

[PR]

by junk_2004jp | 2018-08-21 13:11 | Comments(1)
2018年 08月 18日

週刊現代9/1号 電話取材を受けた

昨日発売の「週刊現代」9月1日号

大反響第2弾 医療先進国ドイツ・フランスでは「やらない手術」

b0052170_16010301.jpg
<抜粋>

高齢者を深く悩ませる「腰痛」。だが、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で、いきなりメスを入れるのは、欧州では論外と考えられている。

「欧州では、腰痛について手術をしても治るかはわからない、手術をしてもしなくても症状は変わらないという見解が強くなっています。それどころか、手術したことにより腰痛が悪化することもある。確かに欧州でも腰の手術はしますが、まずはリハビリや保存治療を推進しています。」(加茂整形外科医院の加茂淳氏)

<抜粋終わり>
================

そもそも、診断が間違っている。

意味のない検査をして、患者を不安にさせる。不安障害のある人は専門医の言葉やMRIの画像が脳にこびりついてなかなか立ち直れない。今日はそういう人を二人診た。

痛みがどういうメカニズムで生じて、どのように広がり、慢性化するのか、現在の生理学である程度の答えがでている。

椎間板ヘルニアも脊柱管狭窄も健常者でも6〜7割の人にある、といわれている。

「神経を圧迫するとその神経の支配領域に痛みやしびれが生じる(神経根症、根性疼痛)」このような生理学は存在しない。

手術をしてよくなったとしてもプラセボ効果、儀式的効果で多くの場合は再発する。

これの検査と手術でどれだけ多くの保険診療費を費やしていることか。それに見合う成果はあったとはいえない。


[PR]

by junk_2004jp | 2018-08-18 16:03 | Comments(3)
2018年 08月 17日

同じ日に変形性股関節症2例

2例とも70歳前半、女性

① 若い頃より臼蓋形成不全(両側)を指摘されていて将来的には手術が必要となると言われていたので無理しないようにしてきた。

痛みが強くなり受診すると、末期なので手術(人工関節)が必要といわれた。

手術がいやなので、整体師(オステオパス)にかよった。股関節周囲の筋肉を緩める治療をうけた。

おかげで杖なしに歩かれるようになった。しかし時々痛むので当院を受診した。当院受診のきっかけはTVを見てとのことだった。

腸腰筋、内転筋、臀筋に強い圧痛があったので、トリガーポイントブロックをした。すぐに痛みは改善した。

「臼蓋形成不全のため変形性股関節症になったのですね。正常な股関節にくらべ不安定なのはいたしかたない。そのために股関節周囲の筋肉に強い負担がかかっているのです。変形=痛みではなく、変形=不安定=筋緊張=痛みと考えてみてください。

残り30年間の人生をどのように生きていくのがベストなのか考えてみましょう。たとえば旅行や買い物に行く時に前もって使う薬を選択する。私のような治療は保険で安価ですし危険はありませんのでどのように取り入れていくか。

② 2年前、右股関節の手術(人工関節)。数日前より強い股関節痛。昨日当院来院、腸腰筋、内転筋、臀筋など圧痛部位に注射、アセトアミノフェン投与。

本日、再診、「しばらくよかったがまた激痛。関節が抜けているのではないですか?」

再び、同じ部位に注射。楽に歩けた。「脱臼していませんよ。周りの筋肉が強く緊張しているのです。」

人工関節を選択しても約3割に痛みが続くというデータがある。つまり中枢性の痛覚過敏状態が続いているのだ。





[PR]

by junk_2004jp | 2018-08-17 19:16 | 慢性痛 | Comments(0)
2018年 08月 03日

遅発性筋痛

b0052170_18435828.jpg
筋痛の基礎医学の第一人者は水村和枝先生。今は名古屋大学を退官されている。

これは2009年の論文。数年前にMPS研究会で講義を受けたことがある。

その時も「その発生機序は今もって不明である。」ということだった。

「何らかの条件で慢性化し、より重篤で慢性の障害の元となる可能性もはらんでいる。」

ギックリ腰も一種の遅発性筋痛なんだろうと思う。遅発性が数分とかうんと短いと考えてみる。

痛みの定義

不快な感覚性・情動性の体験であり、それには組織損傷を伴うものと、そのような損傷があるように表現されるものがある。

では、この遅発性筋痛は「組織損傷を伴うもの」なのか「そのような損傷があるように表現されるもの(つまり組織損傷がない)」なのか。

発生機序が今もって不明なのだから、私たちが考えても無駄というものだ。多分組織損傷があったとしても電子顕微鏡レベルのもので安静にする必要がないのだろう。

ほとんどの慢性痛はこの遅発性筋痛によるものだと思う。

草むしりをした翌日から膝痛、雪かきをした翌日から膝痛、バス旅行で半日すわっていた後日から膝痛。

内側広筋や腓腹筋の遅発性筋痛なんだろう。

五十肩も坐骨神経痛も椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症も・・・

医師は伝統的にこの診断治療が下手だ。それはレントゲンやMRIをみて診断しようとするから。

症例1

60歳代、ゴルフをした翌日から、お尻から下肢にかけて痛い。歩行困難。2つの病院で検査を受けたがヘルニアや脊柱管狭窄ということで様子を見ましょうということだった。

当院、1W前受診、お尻や下肢にできた圧痛点に局所麻酔を注射した。今日、2回目の受診、とてもよくなったと喜んでいた。遅発性筋痛以外に考えられない。MRIなどの検査は不要。

症例2

5日前階段を踏み外して、腰痛で動けなくなる。腸腰筋や臀筋にできた圧痛点に注射した。改善した。
腸腰筋、臀筋の即発性筋痛(私の造語^^)。

b0052170_18442167.jpg



[PR]

by junk_2004jp | 2018-08-03 19:25 | MPS | Comments(2)
2018年 08月 01日

ギックリ腰

今日は6人ぐらいのギックリ腰を診た。

多くは腸腰筋などの筋筋膜性疼痛だ。

腸腰筋は鼠蹊部の上の圧痛点でブロックしている。

そのほか、臀筋や脊柱起立筋に圧痛がある。

圧痛点に注射したあと、立ち座り、クビや肩を動かす、深呼吸を何度かする。

これでほとんどの場合、改善する。

もちろんレントゲンはとらない。

==========

① 春にタイヤ交換をして腰痛になり、以来続いている。両側の腸腰筋のスパズムだった。もちろんその場で解決した。腸腰筋はブロックによく反応してくれる筋肉だ。

② 脊柱管狭窄症で手術が必要か、と言われている人、腸腰筋の筋筋膜性疼痛だった。

③ 日系ブラジル人、ブラジルにはギックリ腰という言葉はないとのこと。(ポルトガル語)この人が知らないだけかも。

③ 慢性腰痛の75歳の男性、腹筋背筋を毎日50回ずつしているとのこと。

  慢性腰痛の人は「不安の人」と「頑張り屋」がいる。

  やりすぎなんだね。ペースがつかめないのだ。

  私なんか1回もしたことがないが腰痛に悩んだことがない。

  「腹筋背筋は10回ずつにしてみたら」とアドバイスした。




[PR]

by junk_2004jp | 2018-08-01 19:41 | MPS | Comments(0)