心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 24日

私が治療した3人がTVに

偶然ですが3例も紹介されたことに誇りに思います。

いずれの症例も次のようにいわれます。

  • 筋筋膜性疼痛症候群
  • 慢性痛(=神経障害性疼痛)
  • 生物・心理・社会的疼痛症候群
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症が痛みの原因にはなりません。

治療は
  • 不安の除去
  • 除痛
  • 動かすこと

b0052170_12401409.jpg
患者さんの投稿。トラマールを使う。




b0052170_12403219.jpg
どういう経緯でTVで紹介されたのか?

b0052170_12404168.jpg
東京で診ていました。北原先生に紹介しました。



[PR]

by junk_2004jp | 2018-11-24 13:02 | Comments(2)
2018年 11月 23日

サルコペニア



痛みが老化と関係があるのならそれはサルコペニアだ。

私は高校時代、ボールを100mぐらいは投げられた。それも何球も続けて。

ある日、ゴルフ場でカラスがカートのお菓子を盗んで20〜30m離れた木にとまっていた。

石を投げつけて脅してやろうとしたが、石はそこまで届かなかった。頭に描いたイメージとは全く違うのだ。

高齢者が腰や下肢が痛いのはまさにサルコペニアのせいなのだ。

いっぷくしたら治る(間欠跛行)。当然のことではないか。

短期的には筋肉をほぐしてやればいい。杖を使えばいい。

長期的には筋肉の強化だ。これはなかなか困難な事が多い。

これを脊柱管狭窄のせいだといっている専門医がいまだにいる。

生理学的にも全く理解できない。

神経根部の血流が圧迫を受けることが原因だということなのだが、そこから数10cm離れたお尻や大腿、下腿に圧痛点(痛覚が過敏になった点)ができるのか説明できるのか!

間欠性(休むと回復)→前屈位で休むと血流が回復→痛みがとれる

手術(除圧)→血流回復→痛みがとれる

こうならないとおかしいだろう。

「長く押さえられていたので回復には時間がかかる。」と言い訳するだろう。

つまり間欠性ではなくて永久性だったと言っている。

これに騙されて手術をする人が大勢いる。

人生の豊かなみのりの老後時代をだいなしにされる。

意味のない手術をして、しばらく安静にしていればサルコペニアは進みますます悪くなる。

これを専門医と称する人がやっている。

今年の冬、雪かきをして未だに肩が痛くて困っている人もサルコペニアだ。

早く治療をしてやればいいものを。

画像検査をして異常がなければ治療ができない。

肩板断裂があればそれのせいだと手術をしたり安静を指示したりする。

今回の外力で生じたのか、以前からあったのかわからない。中高年の健常者でも半数にみられる。

今回生じたものだとしても、痛みを早くとって軽く動かすことが重要だ。

それがひいては組織損傷にもいい影響がある。



[PR]

by junk_2004jp | 2018-11-23 12:44 | Comments(0)
2018年 11月 22日

すべり症が痛みやしびれの原因になることは決してありません

筋骨格系の痛みのほとんどは筋筋膜性疼痛症候群だ。全身に広がった状態を線維筋痛症という。

ほとんどというのは「悪性腫瘍、感染症、リウマチ系、痛風系を除く」という意味だ。

医師はこのことを知らないから治療ができなく、トンチンカンな説明をする。

筋筋膜性疼痛症候群はケガや慢性的な使いすぎ、長時間の固まった姿勢などによって生じる。

早いうちに治療すれば比較的簡単に治るが、慢性化すると厄介なことが多い。(中枢性感作)

治療法は痛い筋肉(攣った筋肉、張った筋肉)に対して行う。

決められた方法はないが、時間的、金銭的に自分にあった治療を見つけたらいい。

なぜ痛みが生じるのか?なぜいつまでも続くのか?

医師から説明を受けて、どの方法を用いて生活するのかは自分で決めることだ。

皆さんギリギリのところで生活しているのだから。

手が痛くて、しびれていてハサミを使いにくい理容師、美容師。(前腕の筋筋膜性疼痛)

包丁を使う時痛い調理師(前腕の筋筋膜性疼痛)

膝が痛くて階段の昇降に苦労している宅急便のおばちゃん(内側広筋の筋筋膜性疼痛)

腰が痛いタクシーの運転手(腸腰筋などの筋筋膜性疼痛)

臀部から下肢にかけて痛い小学校の先生、小学校にはエレベータやエスカレータはない。

しばらく休養したらいいのは分かりきっているのだがそうもいかないわけだ。使いすぎや固まった姿勢が原因なのだ。

健康保険を使わないのなら、マッサージ、鍼、灸、カイロ、食塩水を用いたブロック。料金は言い値になる。

保険を使うのならトリガーポイントブロック、パップ、薬。

薬を使わないのがいい医者とはかぎらない。なんとか生活を維持しながら治癒にもっていけばいい。

こんなことに優劣のアンケートをとっても意味がない。人それぞれだから。

畑仕事が唯一の楽しみのおばあちゃんの膝痛(内側広筋などの筋筋膜性疼痛)

畑仕事を続けられるようにしてやることだ。

ゴルフが生きがいの高齢者の腰痛はゴルフができるようにしてやることだ。

発達障害、アダルトチルドレンなど(不安、こだわり、とらわれ、良い人でいることに疲れる、完全主義)で苦しむ人も森田療法などを受ける時間、費用があるわけではない。適切な1〜2の薬が効果がある場合がある。

ストレスが大きな要素と分かってもどうにもならない場合が多い。

医師の欠点

レントゲンやMRIを撮って画像診断をすること。

⚫️すべり症や脊柱管狭窄症が痛みやしびれの原因になることは決してない。

すべり症があれば必然的に狭窄症もあるわけだ。

最近40歳代の「すべり症、脊柱管狭窄症」と診断されている人を二人診た。

2年越しのひと、仰向きに眠れない。

腸腰筋、臀筋など4箇所のトリガーポイント注射で、すぐに仰向きに眠れるようになった。

神経根部の血行障害が原因だということで血行改善剤の投与が行われるが効かない。

間欠跛行、しゃがんで休むと血行が改善してまた歩行が可能となるという理論だが、それでは手術をしたら必ず治るわけだが・・。

⚫️今年の冬の雪かきで肩が痛くなり病院へいく。レントゲン、MRI、で異常なし。それでもう治療ができないのだ。

もうすぐ雪かきの季節になる。

部位が違うだけで痛みの理論は同じなのだが。

⚫️仕事をしているときは気にならないのだが、夜になるとクビが痛くてねむれない・

「MRIで神経が圧迫を受けている」

夜だけ圧迫されるの??






[PR]

by junk_2004jp | 2018-11-22 17:31 | Comments(0)
2018年 11月 16日

AC(アダルトチルドレン)

Aさんは当院受診したことがあり、時々、いろんな部位に痛みが生じてメールで相談してきます。

今朝から右の耳したから肩のはじまでが痛くて、うでをあげた方が痛みがなくて、おろしてると、思いっきりひきつるように痛いのです。整形外科にいったら、頸椎症といわれました。頸椎の何番目かだか狭くなっていて、神経が圧迫されて痛いんだと言われました。どうしたらよいのかわからなくて。

頚椎の異常ではありません。筋肉の緊張です。心配いりませんよ。

加茂先生、ありがとうございます。でも、ここ最近、筋トレしているわけでもないのに、腰やら首やら腕やら胸やら、全身、痛くなってばかりで、自分の身体に恐怖心がわいてしまいます。こういうときでも、普通に動いていいのでしょうか。軽い運動しても、大丈夫なのでしょうか?鍛えたくても、あちこち痛くなるから、運動しようとしても、怖くてできないです。筋肉の緊張で、こんなにも痛くなるのでしょうか?なんだか、毎日次々と、痛みが、転々としてます。今日は、腰の痛みと首から頭。こういうときでも、マッサージ屋でマッサージとかしてもらっても良いのでしょうか?

ストレスが原因でしょう。マッサージいいと思います。

自分でも、何に対してストレスを感じているのか、わからないのです。いつも、助けてくださって、ありがとうございます。私にとっては、痛みがストレスになっているのですが。

痛覚系が過敏なのです。たとえば小児期に辛い体験をしたとか(アダルトチルドレン、不安障害)。

アダルトチルドレンだと思います。それだから、かもしれないけど高校のときと、五年前に、拒食症になりました。去年の始め辺りから、体重がどんどん戻り、今は普通の状態になってます。食べられますし。ただ、以前はこんな感じではなかったのに、常に不安神経です。なぜだろうって、こんな弱い私ではなかったのに、と、自分が嫌になります。色々本とか読んで、歪んだ考え方を治そうとはしてるのですが、なかなか。。最近自分で気づきましたが、仕事とかでは、明るく元気なイメージをもたれてますが、家に帰ると、ぐったりです。これって、良い人ぶっているからなんだなと。そして、いちいち、その日にあった嫌なことや、いわれたことを思いだし、鬱々してしまいます。一生自分のことわかってくれる人いないんだろうな、と思うし、嫌な部分を人に見せてはいけない、甘えてはいけない、迷惑かけないと言われてきたから、他人とどこまで接してよいのかも今だわからず、息詰まります。だから、結婚もできないのかなと。

整形外科医の診断はお粗末です。神経の圧迫で痛みやしびれが起きることはありません。

筋肉のスパズムが痛みやしびれの原因です。筋肉の緊張です。その原因は・・・

心理的な緊張から解き放たれたときなんかも要注意。

良い人ぶる(明るく元気なイメージ)、帰ってくるとドーッと疲れが出る。

小児期の厳しいしつけが遠因か。

心療内科を受診してみる。医師との相性は?

カウンセリングがいいかもしれない。カウンセラーとの相性は?。

あるいは、アダルトチルドレンの自助会に参加するのもいいかも。

[PR]

by junk_2004jp | 2018-11-16 01:23 | うつ・不安・ストレス | Comments(3)
2018年 11月 05日

発達障害と慢性痛


b0052170_13135349.jpg

私の患者さんの中にもかなりいるように思う。

発達障害が必ず痛みを持つといっているのではない。

学校の先生をしていた高齢の女性、ほぼ全身に痛みがあるのだが、特に介護が必要なわけではない。

勉強でも運動でもやりだしたら止まらなかったということだ。だから大学でも優秀だったそうな。今は痛みがその対象になっているみたいだ。私はアスペルガーっぽい印象をもっている。

精神科と当院を掛け持ちで通院している人もいるが、当院だけの人もいる。

時間を構わず電話をかけてくる頚痛の女性、私はアスペルガーだと思っていて、本人に伝えたが本人は納得していなかった。先日、病院で「発達障害」と診断されたといっていた。

ヘルニアの手術をしたがよくならない人もいる。

発達障害はいろいろなパターンがあって、専門家でないと診断は難しいのだろう。

病気ではなく障害でその程度は様々で学校や病院の先生のなかにもアスペルガーはいるだろう。

身体科の医師の診断では中枢性の痛覚過敏あるいは筋肉のこわばり。

ドクター・ガラパゴスに捕まって、手術を繰り返すような人生にならないよう、薬でフラフラにならないように、また、簡単安価な医療で支えてやりたいものだ。

[PR]

by junk_2004jp | 2018-11-05 13:48 | 慢性痛 | Comments(2)
2018年 11月 02日

コンプライアンスとアドヒアランス

b0052170_18450560.jpg
慢性痛は痛みそのものが治療の対象です。

最近、おとなの発達障害が数パーセントいると言われています。アダルトチルドレンも広い意味ではそうかもしれません。

発達障害と慢性痛は避けて通れません。痛覚が過敏なんです。発達障害の全てがと言っているのではありません。

ちょっと違うことが生きにくい、不安、ということでしょうか。

手術を是非とも避けたいものです。手術(腰や首、膝)をしても良くなることはなく、悪化することが多いのでは。

利き酒ならぬ、「利き薬」制度があって、「どの薬をどの程度、どの機会に飲むのがちょうどよいか。

血圧や糖尿の薬は医師の指導したように飲む(コンプライアンス)のに対して、慢性痛の薬はアドヒアランス的なのです。

たとえば、ゴルフに行く前の日と朝にだけ飲む、旅行に行く時だけ飲む、といった具合です。

痛み止めはなるべく飲まないという人を説得するほどではないですが、人生をよりハッピーに過ごす選択肢を制限しなくてもよいと思います。

医療費負担もタイヘンですし。



[PR]

by junk_2004jp | 2018-11-02 19:13 | Comments(0)
2018年 11月 01日

ヘルニアが痛みの原因になることは絶対にありません。

日本の整形外科医、脊椎脊髄外科医は宗教のように信じて止まない「神経根性疼痛」。

椎間板ヘルニアや脊椎狭窄症が神経根を圧迫するために、その神経支配領域に痛みやしびれが生じるというもの。

科学的根拠はない。というかそんなバカな話はない。

昨日のブログで書いたように、お粗末極まりない理論。

こんなこと言ってるから日本の痛み医療は20年遅れていると言われるのだ。

これがバレてしまうと患者さんは大助かりだし、医療費も大助かりになる。

今日はちょうど良い症例があったので紹介する。

Aさん(40歳代、女性)数日前より、たいした誘引と思われる出来事がなく、右下肢の激痛が始まる。特に下腿のしびれが強い。

B整形外科医院に入院、MRIで椎間板ヘルニアと診断される。

座っておれない、立つことができない。寝たきり。トイレに行けないのでバルーンカテーテルを挿入している。

硬膜外ブロック、ソセゴン注などの処置を受けたがよくならない。

親戚の人が当院に転医を進める。この方は当院で治療を受けたことがあるとのこと。

B院長は手術が必要だから県立中央病院か済生会病院に転医したほうが良いと説得した。

私のところにB院長からそのような電話があった。「そういうことで救急車で行くがいいか」

私はもちろん「私の方法で治療しますのでいいですよ。」

救急車で担送されてきた。

レントゲンもMRIも見る必要はない。

どこが痛いのか、どこがしびれるのか聞くと、下腿が痺れて痛いとのこと。

下腿の圧痛点、お尻、腰などの圧痛点に30G針で局麻を注射。

すぐに座れる、立てる、少し歩ける(怖い)。当然、尿カテーテルは抜去した。

当院到着10分後には笑顔で座っている。

激痛ほど心理・社会的要素が強いものだ。

ヘルニアがこのような痛みやしびれを起こしているのでは絶対にない。筋肉の強いスパズム(攣縮)だ。

ヘルニアの手術をしても治る可能性はある。それはヘルニアを取ったからではなく、全身麻酔、筋弛緩剤、などのせいか、安心のせいかもしれない。

しかし、また、このような痛みに襲われることがあると、また検査して手術を繰り返す。

そのうち人生の大半を痛い痛いで過ごさなければならなくなるかもしれない。




[PR]

by junk_2004jp | 2018-11-01 20:34 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)